豊国神社(滋賀県長浜市) ②境内にある「出世稲荷神社」には珍しい姿の狛狐がいます

 IMG_2763.jpg
 滋賀県長浜市にある、豊臣秀吉を祀った「豊国神社」、今回は摂社のひとつ「稲玉命出世稲荷神社」とその隣にある「秀吉公遺愛の虎石」を紹介します。

 IMG_2777.jpg
 「豊国神社」本社に向かって右手にあるのが、「稲玉命出世稲荷神社」です。
 稲荷社というと、摂社であっても参道に朱塗りの鳥居がずらりと並んでいるイメージが強いのですが、こちらは朱塗りの鳥居が2基と石造りの鳥居が1基のみ。これは珍しい。

 IMG_2778.jpg
 鳥居の手前には、「お百度参り」と刻まれた石柱「百度石」が建てられていました。
 関西だと「石切劔箭(いしきりつるぎや)神社」などが有名ですが、そう言えば以前訪れたことがある「柳谷観音 楊谷寺」の「眼力稲荷大明神」でも「お百度参り」の案内がありました。

 IMG_2780.jpg
 IMG_2779.jpg
 鳥居の両脇には、不思議な姿をした狛狐が参拝者を迎えています。
 両手両足がある筒のような(一反木綿のような?)ものから、ぴょこんと顔だけをのぞかせる様子は、どことなく管狐を彷彿とさせる姿です。

 IMG_2781.jpg
 参道の正面には、拝殿があります。
 こちらの見どころは「格天井」。写真には少ししか写っていませんが、花鳥極彩色画が描かれています。

 IMG_2782.jpg
 IMG_2783.jpg
 拝殿の横から後ろの方へとまわると、なんとも「稲荷社」らしい雰囲気がただよっていました。
 鳥居ではありませんが、朱塗りの玉垣が連なる様子は、何処か別の空間に引きこまれそうな雰囲気です。

 IMG_2784.jpg
 おそらくこちらが本殿の裏側、小さな鳥居に小さな狛狐が供えられていました。

 IMG_2785.jpg
 本殿の隣には「大島稲荷」。
 「稲荷社の隣に別の稲荷社」というのは、京都市の伏見稲荷大社ではよく見かける光景ですが、他の稲荷神社で目にするのは初めてのような気がします。

 IMG_2773.jpg
 稲玉命出世稲荷神社の鳥居の横に、整然とした様子で飛石が並んでいました。
 せっかくなので、飛石を踏んで先に足を進めてみることにします。

 IMG_2775.jpg
 飛石の先にあったのは、石造りの小さなお庭。池のような場所もありますが、水は抜かれていました。
 水が張ってあれば、また別の雰囲気を愉しむことができそうです。
 
 IMG_2776.jpg
 IMG_2774.jpg
 石造りの橋を渡った左手にあったのは、「秀吉公遺愛の虎石」です。
 豊臣秀吉は、寵臣であった加藤清正から贈られたこの石を「虎之介(加藤清正の別名)の石」「虎の石」として寵愛していたとか。

 長浜市の人気の観光地「黒壁スクエア」からほど近い「豊国神社」。
 規模はそれほど大きくはありませんが、豊臣秀吉と長浜の繋がりを感じたり、珍しい狛狐を見たりすることができます。散策がてらふらりと立ち寄ってみるのもお勧めです。


 基本データ
 名称:豊国神社
 住所:滋賀県長浜市南呉服町6-37
 拝観料:境内無料
 電話:0749-62-4838

"豊国神社(滋賀県長浜市) ②境内にある「出世稲荷神社」には珍しい姿の狛狐がいます"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。