宝泉院(京都市左京区) ②平成に誕生した、仏の世界を表している庭園

 京都 大原にある「宝泉院」の紹介、2回目は平成17年3月に境内南側に誕生した、小さな回遊式庭園「宝楽園」を紹介します。    場所は受付から入ると、建物とは反対側の方向にあります。うっかり見逃してしまいそうな立て看板ですが、案内通り左方向へ進むと庭園はすぐそこです。    訪れたのは夏も盛りの頃、庭園は見事に木々に覆われていました。  写真は、庭の中央に敷かれた石の橋です。こ…

続きを読む

宝泉院(京都市左京区) ①お抹茶をいただきながら、樹齢700年の松を眺める

 前回紹介した「勝林院」からさらに奥まった場所にある、額縁の寺「宝泉院」の紹介です。    勝林院を正面にすると、左手の方角に木立に囲まれた細い道が続いています。その小道を道なりに進むと「宝泉院」へ到着です。    「宝泉院」は、勝林院の僧房のひとつとして創建されました。  現在の建物はその形式から見て、江戸時代初期に再建されたものだと考えられているそうです。  こちらで拝観…

続きを読む

勝林院(京都市左京区) 三千院の奥のある「天台声明」発祥の寺

   大原と言えば「三千院」や「寂光院」が有名ですが、今回紹介するのは、三千院のさらに奥にあり、「天台声明(しょうみょう)」発祥の寺といわれている「勝林院」さんです。      三千院の入口を右に見ながら、律川にかかる小さな赤い橋を渡ります。  そのまままっすぐ進むと、実光院の入口が左手に見えてきたらもうすぐ。突き当たりが「勝林院」です。    「勝林院」は1103年に寂源…

続きを読む

白兎神社(鳥取市) ②ふくよかなうさぎの石像が印象的な手水舎

 「白兎神社」の紹介、2回目は手水舎から本殿を紹介します。    二の鳥居の先に進むと手水舎が見えてきます。それと同時ににぎやかな音楽も聞こえてきました。曲名は文部省唱歌「大黒さま」、手水舎に人が近づくと流れる仕組みになっているようです。      手水舎では、なんともふくよかなうさぎの石像がお出迎えしてくれます。  うさぎが乗っているのは、大黒さま(大国主命)が持っている袋…

続きを読む

白兎神社(鳥取市) ①神話「因幡の白兎」の白兎が神さまとして祀られている神社

   鳥取市は日本海沿い、夏は青い海原と白い砂浜がまぶしい「白兎海岸」の近くにある、「白兎神社」の紹介です。    白兎神社の鳥居は「道の駅 神話の里白うさぎ」の目の前にあります。  道の駅を利用がてら参拝する人も多いようで、思っていたよりも本殿へと続く階段をのぼりおりする人の姿が続いていました。    たまたま人の流れが切れて、参道の階段を無人で撮影することができました。そ…

続きを読む

春日大社(奈良市) ③「藤浪之屋」で幻想的な万燈籠の再現を堪能する

 「春日大社」の紹介、最後は「御蓋山浮雲遥拝所」と幻想的な「藤浪之屋」を紹介します。      東回廊を山沿いに北の方向へと進むと、木々に囲まれた中に朱塗りの鳥居が見えてきました。    春日大社第一殿の御祭神、鹿島の武甕槌命が白鹿の背に跨って天降られた神蹟「御蓋山頂上浮雲峰」を仰ぐ「御蓋山浮雲遥拝所」です。  この遥拝所は、浮雲峰から春日大社御本殿を通り平城京大極殿まで続く…

続きを読む

春日大社(奈良市) ②春日大社の雰囲気をしっかり味わいたいのなら、ぜひ特別参拝を

   「春日大社」の紹介、2回目は本殿の様子をご案内したいと思います。    写真右側の建物が、南門の正面にある「幣殿(へいでん)・舞殿(ぶでん)」、東側2間が幣殿、西側3間が舞殿となっています。特別参拝で中に入らない場合は、この場所からお参りします。  幣殿は天皇陛下のお供え物である御幣物を一旦納める建物で、舞殿は宮中伝来の御神楽を行うための建物です。  左手の建物は「直会殿(な…

続きを読む