átoa(兵庫県神戸市) ④展望テラスのカフェでひと息と思ったら、このエリアにも動物がいました

   神戸港を一望できる場所にある、アクアリウムとアートが融合した水族館「átoa」。  最後は3Fの「GALLERY/探求の回廊」と4階の展望エリアを紹介します。    「GALLERY/探求の回廊」では、おもにサンゴやイソギンチャク、額縁に施されたアートな仕掛けを楽しむことができます。  写真は「ウミシダ」、れっきとした動物だということです。  泳ぐこともできるし、しっかり移…

続きを読む

átoa(兵庫県神戸市) ③「花鳥風月」「侘び寂び」幽玄な雰囲気ただよう和の空間

   アクアリウムとアートが融合した水族館「átoa」、今回から3Fエリアを紹介していきます。    3Fに到着してすぐの場所にあるのは「FOYER/探求の室」、観る人たちの知的好奇心を刺激して、átoaへの興味を喚起するエリアです。  こちらでは、淡水域に生息する大型魚を中心に見ることができましたが、今年(2024年)3月8日(金)に全面改装、「átoa LAB」としてリニューアル…

続きを読む

átoa(兵庫県神戸市) ②「精霊の森」を自由に歩き回るアルダブラゾウガメ

   引き続き、神戸港のウォーターフロントにある、アクアリウムとアートが融合した水族館「átoa」を紹介していきます。    「CAVE/はじまりの洞窟」を抜けると、その先にはバックヤードのような雰囲気のエリアがありました。  「MARINE NOTE/生命のゆらぎ」という名前のこちらのエリアは、「海中世界」がコンセプトになっています。    一番大きな水槽では、牛の鼻のよう…

続きを読む

átoa(兵庫県神戸市) ①アクアリウムとアートが融合した水族館

   神戸港を目の前にした場所(新港第一突堤)にある「神戸ポートミュージアム(KPM)」。その建物のほとんどを占める、アクアリウムとアートが融合した水族館「átoa」の紹介です。    場所は、三宮駅から徒歩20分ほど。写真中ほどにある、薄いグレーの建物がKPMです。  写真を撮ったのは、港をはさんだKPMの向かい側。こちら側には「BE KOBE」のモニュメントがある「メリケンパーク…

続きを読む

ワクワクいきものワールド(和歌山市) ②暖房の前から動かないカメや外に出たがるカメ

   「ポルトヨーロッパ」内にある、動物たちとふれあえる施設「ワクワクいきものワールド」。  今回は爬虫類や両生類を中心に紹介します。    前回紹介したロップイヤーラビットやモルモットの近くでは、大きなケヅメリクガメを見ることができます。    砂漠の周辺やサバンナに生息するということなので、やはり寒さは苦手なのでしょうか。ヒーターの前は大人気です。    そんな中…

続きを読む

ワクワクいきものワールド(和歌山市) ①直接ふれあえる動物たちと餌やり体験

   以前紹介した和歌山市にある「ポルトヨーロッパ」、その一角にある「ワクワクいきものワールド」の紹介です。    場所は、西側エントランスからまっすぐに進んだところにある、フランスの街並みを表現している「噴水広場」の横。こちらの建物です。    「ポルトヨーロッパ」は入園無料ですが、「ワクワクいきものワールド」は1,000円の入場料が必要です(2歳以下無料)。  また、ポル…

続きを読む

ポルトヨーロッパ(和歌山市) 入園無料!ヨーロッパの街並みを再現したテーマパーク

   「サンブリッジ」または「ムーンブリッジ」を渡った先にある、和歌山県和歌山市沖の人工島「和歌山マリーナシティ」の紹介です。      「和歌山マリーナシティ」は、「紀州黒潮温泉」や海産物や土産物が揃う「黒潮市場」、ズラリとフルーツが並んだ「紀ノ国フルーツ村」、「海釣り公園」「和歌山マリーナシティホテル」などが立ち並ぶ複合施設です。    その中でも今回は、フランス、イタリ…

続きを読む