海遊館 ⑤企画展「海に住んでる夢を見る~魚と私のふしぎなおうち」は来年1月上旬まで

 「海遊館」の紹介の最後は、来年(2020年)1月7日までの企画展「海に住んでる夢を見る~魚と私のふしぎなおうち」を紹介します。    こちらは今年(2019年)3月から開催されている、魚たちの生きる工夫や暮らし方を紹介する特別展示です。    石が積み重なった隙間に、吸盤が見えました。    別の角度からのぞいてみると、ぎょろりとした眼も見えます。「マダコ」です。  …

続きを読む

海遊館 ④アザラシやペンギンを間近に見ることができる「新体感エリア」

 「海遊館」の紹介4回目は、動物や魚を間近で見ることができる新体感エリア「北極圏」「フォークランド諸島」「モルディブ諸島」を紹介します。    こちらが「北極圏」エリアの入口です。流氷を模した天井に、海の下に潜り込んだような錯覚を覚えます。      このエリアの生物は、海遊館のスタッフが直接現地で採集してきているそうです。  最近では、2016年にカナダのケンブリッジベイや…

続きを読む

海遊館 ③小さな魚が集まった企画展と幻想的な海月銀河

 「海遊館」の紹介、3回目は小さな魚が集められた企画展「ぎゅぎゅっとキュート」と幻想的な「海月銀河」を紹介します。    5階の企画展示室で展示中の「ぎゅぎゅっとキュート」、中央にあるドームの中には、「ファインディング・ドリー」の主人公ドリーこと「ナンヨウハギ」がいました。  「ドリー」の名前は知っていても、魚の名前は知らない人も多いのではないでしょうか。私もそんなひとりです。 …

続きを読む

海遊館 ②「南極大陸」エリア、6階から3階をつらぬく「太平洋」の巨大水槽

 「海遊館」の紹介2回目、今回は「南極大陸」と6階~3階をつらぬく「太平洋」の巨大水槽 他を紹介します。    こちらは「南極大陸」の水槽にいる「ジェンツーペンギン」、頭部の白い模様が特徴です。      ガラスの前で身震いしたり、胸をはって立ってくれたり、こちらのジェンツーペンギンたちはサービス精神旺盛。なかなか愛嬌があります。  泳ぐ速度は時速35kmにもなるそうで、カメ…

続きを読む

海遊館 ①世界最大級の水族館、常設展示には鳥や動物もいます

 複合型アミューズメント施設「天保山ハーバービレッジ」の中にある、世界最大級の水族館「海遊館」の紹介です。    大阪メトロ大阪港駅1番出口から徒歩5分ほどで、「天保山ハーバービレッジ」に到着します。      こちらには、水族館の他にも大観覧車やマーケットプレイスがあります。    「海遊館」は「天保山ハーバービレッジ」の一番奥にあるこちらの建物です。    …

続きを読む

TDR ヒルトン東京ベイ ③フォレストガーデンでモーニングビュッフェ

 東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルのひとつ、「ヒルトン東京ベイ」さんの朝食の紹介です。  朝食の会場は、1Fフロントからさらに奥の突き当たりにある、「フォレストガーデン」でいただきます。ビュッフェスタイルでの提供です。      店内は非常に広々としており、席まではスタッフが案内してくれます。  スタッフにお願いすれば、子供用の椅子を準備してもらえるようです。   …

続きを読む

TDR ヒルトン東京ベイ ②ハッピーマジックルーム

 東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルのひとつ、「ヒルトン東京ベイ」さんの紹介の続き、部屋の内装をご紹介します。  今回は、「ハッピーマジックルーム」に宿泊しました。    「ハッピーマジックルーム」がある階のエレベーターホールです。エレベーターから降りた瞬間、不思議な世界に迷い込んだ感覚を覚えました。      エレベーターホールの木の洞には、可愛いドラゴンとユニコー…

続きを読む