KOBEとんぼ玉ミュージアム(兵庫県神戸市) 驚くほどたくさんの種類のとんぼ玉があります

   阪急・JRをはじめ、各社鉄道路線が乗り入れる「三宮(神戸三宮)」。  駅からほど近い「神戸旧居留地」と呼ばれる場所にある、とんぼ玉をはじめとした古代から現代までのガラス工芸作品(約2000点)を展示する私設美術館「KOBEとんぼ玉ミュージアム」さんの紹介です。    駅からは徒歩8分ほど。「KOBEとんぼ玉ミュージアム」さんが入るビルは、「京町筋」と呼ばれる通り沿いにあります。…

続きを読む

小野梅園(京都市山科区) 小野小町ゆかりの御寺「隨心院」にある梅園、昨年の様子をご紹介

   京都府山科区にある、小野小町ゆかりの御寺「隨心院」。その境内にある梅の名所「小野梅園」の今年の公開予定が、昨年(2022年)12月に発表されました。  公開まであと1ヶ月半ほどなので、昨年の公開最終日近くに訪れた時の様子を紹介します。    場所は京都市の中心部から少し離れた山科区。京都市営地下鉄 小野駅から徒歩5分ほどですが、京都駅から小野駅までは電車で20分~30分ほどかか…

続きを読む

黄檗ランタンフェスティバル(京都府宇治市) ②広い境内いっぱいに艶やかなランタンの灯りを楽しめます

 今年(2023年)1月31日(火)まで行われている「黄檗(おうばく)ランタンフェスティバル」、今回は「天王殿」の奥を周り、「開山堂」へと続くランタンを紹介します。    「天王殿」へと続く階段をのぼると、左右に回廊が続いています。  左の方へと進むと「開山堂」へと続いているので、まず右手へと足を進めました。    階段のすぐ横では、花を模した丸いランタンが販売されていました。…

続きを読む

黄檗ランタンフェスティバル(京都府宇治市) ①1月31日まで! 禅寺を鮮やかに彩るランタン

   宇治にある禅宗の御寺 黄檗宗大本山黄檗山「萬福寺」で、今年(2023年)1月31日(火)まで開催されている「黄檗(おうばく)ランタンフェスティバル」の紹介です。    場所は、JR奈良線または京阪電車の黄檗駅から徒歩5分ほど。意外と住宅に囲まれた場所にありました。  開始時間午後5時の10分ほど前に到着しましたが、写真のようにまだ明るい状態。お勧めの時間は午後6時前後からです。…

続きを読む

吉高屋(兵庫県有馬町) 太閤橋の近くにある、明治元年創業のお土産屋さん

   有馬温泉の玄関口のひとつ、神戸電鉄 有馬温泉駅のすぐ近くにある土産物屋「吉高屋」さんの紹介です。  写真は以前紹介した「太閤橋」の上から撮影しました。有馬川沿いに建つ建物は、温泉街の雰囲気に合うたたずまいです。    吉高屋さんは明治元年(1868年)の創業、今年で実に創業155年となるお店です。  主に、有馬名物や和の生活雑貨などを取り揃えられています。    入口…

続きを読む

有馬温泉街歩き ⑤「極楽泉源」や「御所泉源」周辺を散策

 今回は、前回に引き続き寺田町にある「銀の湯」から「極楽泉源」「温泉寺」の横を通り、「御所泉源」から「湯本坂」へと戻るルートを紹介します。    炭酸泉源公園へ向かう坂道の途中にある丁字路から右手に進むと、この界隈「寺田町」を象徴する「鬼瓦」が施された印象的な壁がありました。    壁の向かいには「銀の湯」があります。  有馬の名物湯のひとつである、無色透明な「銀泉」と呼ばれる…

続きを読む

有馬温泉街歩き ④「炭酸泉源公園」まで寺田町周辺を散策

   以前紹介した「arima gelateria Stagione」さんから20メートルほど湯本坂をのぼったところにある丁字路で、右手に進んだ場所「寺田町」周辺を紹介します。    寺田町は名前の通り寺社が集まっているエリアで、この場所から少し歩くと「極楽寺」「念仏寺」「温泉寺」「湯泉神社」などがあります。  魔除けや邪気払いのために、古くなった寺院の鬼瓦が町内各所に置かれているの…

続きを読む