古湯温泉 旅館 大和屋 ⑤朝食は日本一の佐賀海苔!

 「大和屋」さんの紹介、最後は朝食です。  こちらの朝食の売りは海苔。佐賀で海苔といえば有明海の海苔です。    朝食海上は宿の一室にて。  大和屋さんはこぢんまりとした宿で、家庭的なもてなしの中にセンスの良いものを感じる印象でした。    佐賀海苔のポスター。  そういえば今年は海苔が不漁とのことですが、大丈夫でしょうか。  どうせなら国産を食べたいものです。  …

続きを読む

古湯温泉 旅館 大和屋 ④素朴な中にも遊び心のある夕食

 佐賀県は古湯温泉、徐福伝説の眠る地にある「大和屋」さんの紹介です。  今回は夕食の紹介。タイトル通り、素朴な中にも珍しい食材を使った一品もあり、遊び心のある夕食でした。    最初の膳はこんな感じでした。    色々なものが賑やかに盛られている八寸。  バイ貝、ホタルイカ、栗に昆布巻き、椎茸、沢蟹。  最初からビールではなく日本酒が欲しくなるようなラインナップです。 …

続きを読む

古湯温泉 旅館 大和屋 ③貸切風呂「天涯一閑人の湯」

 「大和屋」さんの紹介です。  男女別の浴室は前回紹介しましたので、今回は貸切風呂の紹介です。  六尺もの大樽を浴槽とするその名は「天涯一閑人の湯」。なんとも風流な名前です。  ちなみに一閑人(いっかんじん)とは、閑(ひま)な人が井戸をぼんやりとのぞき込む様。  天涯は天の果て、転じて「故郷を遠く離れた異郷」の意味です。  天涯一閑人とは後で出てきますが、この酒樽にまつわる名前とな…

続きを読む

古湯温泉 旅館 大和屋 ②端正な作りの内風呂と、坪庭のような露天風呂

 「大和屋」さんの紹介です。  古湯温泉は徐福伝説のある温泉地。伝説によればその開湯は、2200年前に遡るとか。  源泉温度38度という、まるで胎内のようなぬる湯が特徴の温泉です(宿屋のお風呂はさすがにそれですと湯冷めするため、加温されていますが)。  ちなみに車でのアクセスの場合、「佐賀大和」ICから20分ほどで着きます。  山峡の温泉地ですが、意外とアクセスは良好だったりします。…

続きを読む

古湯温泉 旅館 大和屋 ①緑の中に佇む、純和風のお宿

 「大和屋」さんの紹介です。  佐賀県の北方、標高200mほどの山峡にある古湯温泉は、徐福伝説のあるまさに「古い歴史のある湯の地」。  源泉温度約37~38度という、体温に近いぬる湯が特徴です。  今回はそんな古湯温泉のお宿の一つ、「大和屋」さんに宿泊でお邪魔しました。  ちなみにこちらのお宿、創業は明治の終わり頃。100年前後の歴史があることになります。    駐車場から入…

続きを読む

鶴霊泉(佐賀市)

 「鶴霊泉」さんの紹介です。  佐賀市の山中、古湯温泉の中にあるお宿の一つであるこちらには、名物の「砂湯」があります。  砂湯といっても「砂掛け風呂」ではなく、浴槽の底が砂で、そこが泉源となっている温泉です。  つまりは足下湧出。鮮度抜群のお湯が楽しめます。      鶴霊泉さんの外観。  日帰り入浴の時間は午前11時~午後2時と短いのでご注意下さい。    シック…

続きを読む

英龍温泉(佐賀市)

 「英龍温泉」さんの紹介です。  といっても、この記事の写真は以前の「古湯温泉館」時代のものになります。ご了承下さい。  (リニューアルされた「英龍温泉」と本記事との違いは、外観と、新しく貸切風呂が作られたという点です)      こちらは佐賀市の山間部、古湯温泉の共同浴場となります。  宿泊も可能、今は貸切湯もできているとのことでした。    古湯温泉はぬる湯が有名…

続きを読む