丸井旅館 ④たっぷり野菜の朝食

 龍神の丸井旅館さん、最後は朝食の紹介になります。  朝食は夕食とは異なり、食事処で準備されていました。    朝食の全景です。なかなか品数豊かで、野菜たっぷりの印象。  以下、紹介をしていきます。    小鉢類は、手前に梅干し、ちりめん山椒、昆布の佃煮。  奧は山芋のすりおろし、フキの煮物、生野菜サラダ。    サラダにはドレッシングが二種類、添えられていました。…

続きを読む

丸井旅館 ③夕食は正統派会席

 龍神の丸井旅館さん、今回の紹介は夕食です。  国道の下を通るトンネル「龍臥床(りゅうがしょう)」を抜け、龍神小又川温泉に浸かってのんびり。  その後の夕食、お楽しみの時間です。    夕食は部屋食で、正統派の和食会席でした。  まずは最初の膳の写真です。    食前酒は自家製の梅酒。  先付けは海老の焼き物、山菜の天ぷら、小魚の甘露煮の3種盛り。    それと、…

続きを読む

丸井旅館 ②龍臥床の先、龍神小又川温泉をヒノキ風呂で

 丸井旅館さんの紹介、今回は温泉です。  こちらのお宿は龍神温泉の元湯から、道なりに15kmほど離れています。  泉質は「龍神小又川温泉」と言い、正確には龍神温泉とは別泉源ですが、よく似たやわらかな美人の湯が楽しめます。    さて、実はその温泉の場所がユニーク。  実は丸井旅館さんの温泉は、国道を挟んで向こう側の建物にあり、そこへ行くには「龍臥床」と名付けられた地下トンネルを…

続きを読む

丸井旅館(田辺市龍神村) ①外観、内装、「丸井」の由来

 「丸井旅館」さんの紹介です。  和歌山県の龍神村、龍神温泉の中心地(龍神温泉元湯)からは道なりに15kmほど離れた、国道沿いにある温泉宿。  正確には「龍神小又川温泉」と源泉の名前は異なりますが、龍神温泉とほとんど同じお湯を楽しめるお宿です。      今回はまず、外観とお部屋の紹介です。  こちらは宿泊もしくは料理付きの日帰りで、立ち寄り湯はないようです。その代わりと…

続きを読む

湯の峯荘(田辺市本宮町) 立ち寄り湯もOKな、湯の峯温泉の掛け流し

 「湯の峯荘」さんの紹介です。  湯の峯温泉の中心といえば、湯壺や「つぼ湯」。その中心地から南に300~400メートルくらい離れたところにある旅館で、立ち寄り湯も積極的に受け付けている印象です。  今回は立ち寄り湯でお邪魔しました。      湯の峯荘さんの外観と内装。  一般的な日本旅館さんだと思います。部屋数は公式サイトによると、26室。  宿泊料金は料理や季節によ…

続きを読む

那智山天然温泉 熊野の郷 かまぼこセンターの2階にある温泉施設

 「那智山天然温泉 熊野の郷」さんの紹介です。  以前は「蓬莱乃湯」という名前でしたが、名前が変わった模様。当記事は旧名の頃のものですが、基本的には同じ施設のようです。    これは旧施設の外観です。新施設もだいたい同じですが、看板が掛け替えられていました。  「那智かまぼこセンター」という名前だったのが、略称の「かまセン」が正式名称となった様子。  場所は、国道42号線「那智」駅…

続きを読む

椿温泉 はなの湯さんと、一番好きだったお宿の跡地を散策

 和歌山県の白浜町にある「椿 はなの湯」さんの紹介です。  こちらは実は道の駅で、温泉を主体としている珍しい作り。その中身の温泉も掛け流しで、近くに行ったら良く立ち寄りしています。    思い切り逆光になってしまいましたが、施設の写真です。  どう見ても立ち寄り湯にしか見えないのですが、道の駅なので駐車場は広く、お手洗いは24時間使えます。  この記事を書いている現在、時短で営…

続きを読む