すみや亀峰菴 ⑦大浴場と露天風呂(その2)

 「すみや亀峰菴(きほうあん)」さんの紹介です。  今回は大浴場「離れの湯」の、もう一つのお風呂の紹介になります。    こちらの浴室はパウダールーム付き。  通常、大浴場が2つある場合は夕と朝で男女日替わりになることが多いように思いますが、亀峰菴さんでは固定でした。  もう片方にはパウダールームがなかった(作れるスペースがなかった?)ので、案外そのあたりが理由なのかもしれませ…

続きを読む

すみや亀峰菴 ⑥夕食後半は向付から、デザートまで

 「すみや亀峰菴」さんの紹介、今回は夕食の後半となります。  前半は甘鯛の椀物までを紹介しました。    後半は向付(お造り)から。  大きなガラスの丸皿に大量の氷が盛られた豪華な作り、山もみじの新緑も目に鮮やかです。    お造りは三品盛りで、マグロ、スズキ、イカ。  どれも美味しいのですが、個人的には臭みゼロ、旨味たっぷりのスズキがお気に入りです。    真ん中…

続きを読む

すみや亀峰菴 ⑤夕食前半、椀物まで

 「すみや亀峰菴」さんの紹介、今回は夕食。  夕食も朝食もそうなのですが、写真が多くありますので前後編でお伝えします。  今回のメニューは、初夏の料理。鮎と鱧が二枚看板でした。    料理の紹介の前に、別注メニューやお酒の紹介をします。  初夏ということで、別注の品物も鮎、鱧が多く見受けられます。それ以外には丹波牛のしぐれ煮、賀茂茄子と半兵衛麩の揚げ出し、富山県産の白エビ天ぷら…

続きを読む

すみや亀峰菴 ④お風呂上がりにも楽しみがあります

 「すみや亀峰菴」さんの紹介です。  今回はお風呂上がりの紹介となります。    お宿のお風呂は2ヶ所、男女別の「離れの湯」と、貸切露天風呂(別料金)の「山の隠れ湯」。  亀峰菴さんの場合、多くの部屋に露天風呂が付いていますので、相対的に大浴場は空いている印象でした。      このあたりは、客室から大浴場へ向かう廊下。  大浴場「離れの湯」はその名前通り客室から少し…

続きを読む

すみや亀峰菴 ③大浴場と露天風呂。え、湯の花温泉ってこんな泉質でしたっけ?

 「すみや亀峰菴(きほうあん)」さんの紹介です。  今回は温泉の紹介です。タイトルでも書きましたが、いや、本当にびっくりしました。  亀峰菴さんの大浴場は、内湯・露天風呂「離れの湯」。  そして別料金となりますが、貸切露天風呂「山の隠れ湯」。今回は「離れの湯」の紹介となります。    名前の通り、離れの湯は客室から少し離れた場所にあります。  浴室は男女別固定で、浴室の前には…

続きを読む

すみや亀峰菴 ②お部屋は「山の菴」

 「すみや亀峰菴(きほうあん)」さんの紹介です。  長編記事(たぶん9本?)の2本目となります。お付き合い下さい。  今回はお部屋の紹介。露天風呂付き客室など特別なお部屋もありますが、今回はノーマルなお部屋「山の菴(いおり)」で。    亀峰菴さんの館内地図です。  こうしてみると、多くの部屋に露天風呂が付いているのが分かります。そのおかげで、館内の大浴場が混まないという利点(…

続きを読む

すみや亀峰菴 ①湯の花温泉の高級旅館は、最初から特別な時間

 「すみや亀峰菴(きほうあん)」さんの紹介です。  今回は珍しく高級宿の紹介となります。  ちょっとした事情で宿泊することになったのですが、普段ではなかなか行けないお宿(プランや日にちにもよりますが、二食付きなら一人最低2.5万円はします)。せっかくですので、長編の記事で紹介したいと思います。      京都市中から小一時間で着く、京都の奥座敷「湯の花温泉」。  数軒の宿…

続きを読む