梅津段町店さんはかなりの熟練、だと思う。

 「餃子の王将」さんの紹介です。

 DSC06659.jpg
 右京区にある梅津段町店さんに訪問したのはこれが2回目のはずですが、前回に引き続き提供速度の速さに驚きました。
 きっとこのお店には熟練の方がいるはず。

 DSC06678.jpg
 お店の外には、テイクアウトメニューのPOPなどが貼られていました。

 DSC06661.jpg
 店内はこぢんまりとした作りで、公式サイトによると座席数は28。
 小さなお店なのに調理場はかなり広く、しかも調理人が数名常駐しているというところから期待が膨らみます。
 (個人の意見ですが、席数に比べて調理場が広く調理している方が多いお店は高確率で「アタリ」だと思っています)

 DSC06665.jpg

 DSC06666.jpg
 ランチメニューは餃子定食、炒飯セット、天津飯セット、ラーメンセット、中華そばセット、そして中華セット。
 今回は中華セットから、ニラレバ炒めを注文しました。

 DSC06664.jpg
 以前訪問した時はお店オリジナルのランチセットがあったはずですが、今回は無くなっていました。
 そういえば他の王将さんでも、お店オリジナルのセットというのはあまり見かけなくなっている気がします。何か方針の転換があったのでしょうか。
 その代わりどのお店でも、店独自の単品メニューは揃っている印象です。

 DSC06669.jpg
 調味料は注文が通ってから店員さんが持ってこられました。
 ロクでもない連中のために、お疲れ様です。

 DSC06668.jpg
 私はドライバーだったのでランチを注文、家人はビールとジャストサイズ野菜炒めからスタート。
 中華セットの餃子は通常3ヶですが、追加130円+税で6ヶにすることができたので、6ヶに増量してシェアすることにしました。

 そしてこの野菜炒めの提供速度が素晴らしい。
 注文することが分かっていたかのような手際の良さで、生ビールの数十秒後に提供されました。やはりこの店、熟練の手際。

 DSC06670.jpg
 中華セットのニラレバ炒め、餃子増量(1,005円+税)到着。
 メインと餃子、ご飯、スープ、漬物という構成です。

 DSC06674.jpg
 スープはオーソドックスな優しい味の中華スープでしたが、卵とネギが少し浮かんでいました。

 DSC06673.jpg

 DSC06675.jpg
 ニラレバはきっちり一人前。
 強火で炒められた野菜はシャキシャキで、レバーは下ごしらえで揚げられていて臭みはナシ。
 これは文句なく、ご飯に合うメニューです。

 DSC06672.jpg
 そして鉄板の餃子。
 餃子の王将さんは、 他のお店さんの餃子を食べた時こちらと比べて価格・味・量がどうかと比較するという意味で、餃子界における一つのスタンダードになっていると思います。

 DSC06676.jpg
 餃子の食べ方には色々ありますが、今回は餃子のタレ少しに酢を多め。
 たまに酢胡椒+ラー油とかで食べたりすることもあります。

 DSC06677.jpg
 ご飯は炊き立てで堅さもちょうど良く、美味しくいただきました。
 私はそこまで王将さんの店舗を巡ったわけではありませんが、梅津段町店さんはかなりお勧めだと思います。


 基本データ
 名称:餃子の王将 梅津段町店
 住所:京都市右京区梅津石灘町21
 営業時間:午前10時半~午後10時半(LO午後10時)
 休業日:無休
 電話:075-864-4333



 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)TrackBack(0)食べ物日記(ご飯物) 

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック