「天ぷら海鮮 米福」さんでちょっと一杯、天ぷらと山陰の幸が美味しいお店

 「天ぷら海鮮 米福」さんの紹介です。

 DSC02111.jpg
 本店は鳥取県の米子市にあるお店で、本店以外には京都・大阪・兵庫に合計5店舗。
 揚げたての天ぷらと、山陰直送の海鮮が食べられるお店です。
 今回お邪魔したのは京都の木屋町店。公式サイトによると、座席は70席とのことでした。

 DSC02112.jpg

 DSC02113.jpg
 卓上には上に塩や唐辛子、小皿。その下には割り箸と天ぷらを注文する時用の用紙、そして天つゆ。
 個人的に天つゆがあるのは嬉しいです。
 海鮮用の醤油は、こいくちと刺身醤油が用意されています。

 DSC02115.jpg

 DSC02116.jpg
 飲み物はビールのほか日本酒、焼酎など一揃え。
 地酒は半合から頼むことができ、有名な「獺祭」もありました。

 DSC02118.jpg

 DSC02120.jpg
 天ぷらは一品から注文可能。テーブル上にある注文用紙に数を記入して注文する仕組みです。
 天ぷら以外の注文については、店員さんに注文することになります。
 中には「雪見だいふく天」た「ハチミツがけのりんご天」など、ユニークなデザート天ぷらもありました。

 DSC02119.jpg
 山陰直送の海鮮も売りのお店なので、天ぷら以外に海鮮が豊富なのも米福さんの特徴。
 アラ炊きやトロ〆鯖にも心引かれましたが、今回は山陰と言えばということで「真イカの姿盛り」を注文することにしました。

 DSC02117.jpg
 島根県は出雲の名物、割子そばもありました。
 朱塗りの器に小分けにされた蕎麦と薬味が盛られ、そばつゆを器に直接注いでから薬味をのせて食べ、残ったつゆと薬味を次の器に移して食べ進めていくのが作法とのことです。

 DSC02123.jpg
 まずは何はともあれ、生ビールで乾杯。
 訪問した時の価格で420円、スリムジョッキということを差し引いてもお手頃な価格でした。

 DSC02121.jpg
 おつまみのナスの煮物、そして大根おろし。
 大根おろしはおそらく天ぷら用だと思います。個人的に天ぷらは天つゆ+大根おろし派なので、これは嬉しい。

 DSC02124.jpg
 ここからはおつまみの紹介。
 だし巻きはサイズは通常ですが、大きめに切られていました。出汁は多めでぷるぷるの、私の好きな食感。

 DSC02131.jpg
 天ぷらの5種盛りも注文しました。
 内容はうろ覚えですが、鶏串天、海老、イカ、穴子、長なすだったと思います。
 米福さんの天ぷらは100%米油だけで揚げられていて、衣の口当たりがとても軽いのが特徴。名物だけあってどれも美味。

 塩、天つゆのどちらも選べますが、個人的には天つゆ+大根おろしが好みです。

 DSC02125.jpg
 米福さんは山陰直送の海鮮も有名なので、山陰らしいものは・・・ということで「真イカの姿盛り」。
 名前の通りイカがまるごと1匹、身もエンペラもゲソもすべて盛られていました。

 DSC02129.jpg
 山陰の本場や呼子には及びませんが、イカの透明度や歯ごたえはまずまず。
 次に訪問した時も、あれば頼みたい逸品でした。

 DSC02126.jpg
 ということで、これはもちろん日本酒でしょう。
 獺祭にしようかと思いましたが、ここは高知県の銘酒「酔鯨」で。

 DSC02132.jpg
 美味しかったので、天ぷらをおかわり。
 今回はイカ、キス、タマネギを選びました。

 米福さんは初めて訪問しましたが、山陰海鮮と天ぷらという異なるメニューが楽しめて、もう一度行きたいお店になりました。
 烏丸店さんではインパクト大の天丼をはじめとしたランチもありますので、こちらもそのうち行ってみたいところです。


 基本データ
 名称:天ぷら海鮮 米福 京都木屋町店
 住所:京都市中京区材木町174 黄桜木屋町ビル1F
 営業時間:(平日)午後5時半~午前0時
 (土日祝)午後4時~午前0時
 (LOはいずれも午後11時)
 休業日:無し
 電話:075-212-0003



 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)TrackBack(0)食べ物日記(お酒・その他) 

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック