コムギノキラメキさんで、「キラメキの三色丼」を試す。

 「キラメキノトリ」さんの紹介です。

 DSC01965.jpg
 今回は「コムギノキラメキ」さん。
 キラメキノトリさんの公式アプリクーポンで「キラメキの三色丼」というものが来ていたので、試してみることにしました。

 DSC01948.jpg
 こちらが訪問時のメニュー。キラメキ系列はお店ごとにメニューが若干違いますので、詳細は公式サイトを確認してください。
 三色丼は注文するとして、後はいつもの醤油のキラメキ・・・と思っていたのですが、そういえば極太麺まぜそばの「小麦のチカラ」がグラム数で価格が変わるようになっていたので、今回は控えめに小麦のチカラ200g(880円)をオーダー。

 DSC01948.jpg
 店内は入口付近に券売機と給水器。
 その向こうにL字カウンターがあり、奧にはテーブルが二つあります。
 またカウンターの逆側には、製麺工場があります。

 DSC01955.jpg

 DSC01950.jpg
 卓上の調味料は相変わらず豊富で、特に変わりはありません。
 ブラックペッパー、カレーパウダー、粗挽きのレッドペッパー、レモンパウダー、ガーリックパウダー、ラー油、そしてお酢です。

 DSC01954.jpg
 厨房には大量のキッチンカウンター。
 キラメキさん系列には多くのメニューがあり、麺がそれぞれ異なっているために麺ごとの茹で時間を管理するためのものです。
 通常のラーメンは2分20秒、今回私が注文した小麦のチカラは10分ほどの茹で時間となるようでした。

 DSC01958.jpg

 DSC01960.jpg
 極太系まぜそば、小麦のチカラ到着。
 写真では少なく見えるかもしれませんが、丼が大きく深いので実際の麺量は200gあります。

 麺は10番切り刃、ということは茹で前で約3ミリ。
 本来はうどんくらいの麺なので、約10分ほどの茹で時間が必要になります。麺は国産小麦100%で「麺中毒にご注意ください」というPOP通りの、麺が主役の一品でした。

 DSC01961.jpg
 小麦のチカラは、ニンニクと背脂の量を選ぶことができます。これはニンニクは通常、背脂は少なめ。
 個人的には野菜(キャベツとモヤシ)の量を増やせればいいのですが・・・などと。

 DSC01962.jpg
 具はニンニクの粗みじん切りと背脂の他、モヤシとキャベツ。
 その他は極太で食べ応えがあるメンマと、

 DSC01963.jpg
 極厚の豚肉。これはもうチャーシューではなく、ポークステーキと呼ぶべきでしょう。
 味付けはかなり控えめで、丼の底にたまったタレを少し付けると良い味になりました。

 小麦のチカラは他のラーメン屋さんにはあまりない、麺が主体の極太麺混ぜそば。まだ食べたことがない方で、背脂やニンニク、ガッツリ系が好みの方にはオススメします。

 DSC01956.jpg
 もう一つの注文は、キラメキの三色丼。
 この日はこのメニューを頼んでいるお客さんが多い印象でした。通常メニューではなくアプリクーポン限定のメニューなので、かなりのお客さんがアプリを利用しているのでしょう。
 キラメキアプリは高い頻度でクーポンを配ってくるので、インストールしておいて損はないと思います。

 DSC01964.jpg
 三色丼の具は、肉そぼろ、卵そぼろと煮た鶏肉でした。
 肉そぼろと卵そぼろは良くある甘辛味で、鶏肉はあっさりめの味。上にはネギがのっていましたが、個人的には紅生姜も欲しかったところです。
 この時はブラックペッパーと、小麦のチカラのタレを少しかけて美味しくいただきました。
 

 基本データ
 名称:コムギノキラメキ
 住所:京都市西京区上桂前田町51-1
 営業時間:午前11時~午後11時(LO 午後10時半)
 休業日:不定休
 電話:075-874-4411


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)TrackBack(0)食べ物日記(麺類)  

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック