丸源ラーメンさんに、こんな値上げの波が。

 「丸源ラーメン」さんの紹介です。

 ロードサイドにお店があって使いやすいのでたまにお邪魔しているのですが、先日入口に見なれないお知らせがありました。

 DSC00805.jpg

 DSC00826.jpg
 2023年の10月2日から、丸源ラーメンの全店で野沢菜醤が有料になったとのこと。
 (税込み55円だそうです)
 これまで卓上に置いてあった野沢菜醤はもちろんコストがかかっているわけで、コスト見直しの結果有料にするのは分かります。
 私自身はそこまで野沢菜醤を利用していなかったのですが、仕入れの数量が一気に変動するのは大丈夫なんだろうかと余計な心配をしてしまいました。

 DSC00811.jpg
 今回は開店間もない午前11時頃にお邪魔したので、店内は空いていました。
 休日だけではなく平日でもハイタイムには待ちが発生する人気店で、見たところ野沢菜醤が無くなったことで特に大きな影響はない様子。

 DSC00809.jpg
 卓上の調味料も、これまでは瓶だったのがプラスチック容器に変更されていました。
 (細かいことですが、変更により背が高くなった餃子だれが本来の場所に収まらないというのは、誰か事前チェックしなかったのかと)

 DSC00808.jpg

 DSC00812.jpg
 さて今回の注文は、軽く逆メニュー詐欺と私の中では有名な(?)野菜肉そば。このメニューの写真を覚えておいてもらえれば。
 それと得セットから「チャーハンセット」。
 平日の17時までなら、本来は+250円のところ+200円、さらにチャーハンの増量も無料です。

 DSC00813.jpg
 鉄板炒飯が運ばれてきました。
 見ての通り熱々なので、鉄板はヤケド注意。さらに速くかき混ぜないと卵が固まってしまうので、本当はこんな風に悠長に写真を撮っている暇はありません(笑)。

 DSC00815.jpg
 ということで、なんとかかき混ぜてまとめてみました。
 炒飯は見た目よりもあっさりしている味付けなので、胡椒やどろだれラー油で味変するのもいいと思います。
 そういえば私の場合、野沢菜醤は主にこの炒飯の味付けやアクセントに使っていたことを思い出しました。

 DSC00816.jpg
 野菜肉そばも到着。
 メニュー写真と比べても、明らかに野菜とネギが盛り盛りになっています。
 最初は別のお客さんのところに運ばれていったのを見て驚き、自分でも注文して逆メニュー詐欺に近い商品だと感じた逸品です。

 DSC00817.jpg
 横から見るとこんな感じです。

 DSC00822.jpg

 DSC00823.jpg
 野菜肉そばはその名前の通り、丸源ラーメンさん名物の「肉そば」の上に野菜を持ったもの。
 野菜はモヤシとキャベツがメインでニラが少し、そして青ネギが天盛りにされています。
 加水率高めのストレート麺や煮込まれた豚肉などの具については、肉そばと同じでした。

 DSC00821.jpg
 途中でお酢や揚げニンニクを足して味変。
 揚げニンニクは風味が強いので入れすぎ注意ですが、この肉そばには良く合っていると思います。

 DSC00824.jpg
 最後には胡椒やどろだれラー油を加えて、美味しくいただきました。


 基本データ
 名称:丸源ラーメン 桂店
 住所:京都府京都市西京区上桂前田町60-1
 営業時間:午前11時~午前1時(ラストオーダー 午前0時半)
 休業日:無休
 電話:075-394-1119
 *禁煙



 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)TrackBack(0)食べ物日記(麺類)  

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック