ガストさんに、ゴーゴーカレーがやってきた。

 「ガスト」さんの紹介です。とは言っても今回はモーニングやランチではなく、カレーの紹介。

 金沢カレーを代表する「ゴーゴーカレー」さんが監修するカレーが登場したとのことで、さっそく試してみました。

 DSC09046.jpg

 DSC09047.jpg
 お邪魔したのはガストの桂店さん。
 店内の様子は以前と変わりありませんが、ガストさんでは(ほぼ)全店舗でコンセントが使えなくなっているようです。
 またこちらのお店でも、有名な猫型自動配膳ロボットは配備されていました。
 (なぜか今回のカレーはスタッフさんが運んで来られましたが)

 DSC09048.jpg

 DSC09050.jpg
 日替わりランチやセレクトランチもありましたが、今回の狙いはゴーゴーカレー一択。
 こちらの紹介はまたの機会に。

 DSC09053.jpg
 ということで、こちらがゴーゴーガストカレーのPOPです。
 ゴーゴーカレ監修ですが思った以上にガッツリ食い込んでいるらしく、ロゴからPOPの色使いからまんまゴーゴーカレーでした。

 金沢カレー本気盛りなどという、なかなかの標高を誇るメニューもあったのですが、今回は金沢カレーと言えばということで「金沢カツカレー」を注文。

 DSC09054.jpg
 ランチタイムは、ドリンクバーは別料金です(モーニングは込み)。

 DSC09055.jpg

 DSC09056.jpg
 その代わりというとなんですが、スープについては平日の10時から17時の間に注文をすると利用可能。
 この日は洋風トマトスープで、体に染みるような優しい味付けと塩味のスープでした。

 DSC09057.jpg
 「金沢カツカレー」到着。
 ライスは大盛り(1.5倍)または特盛り(2倍)が無料です。この写真は大盛り。
 後でも書きますが、お腹に余裕があれば大盛りにしておいた方がいいと思います。並盛りではご飯が足りなくなります。

 DSC09059.jpg
 本場のゴーゴーカレーさんではキャベツだけの千切りが乗っていますが、こちらではキャベツ、レタス、ムラサキキャベツ、ニンジンなどのサラダがのっていてマヨネーズがかかっていました。
 (あまり言うと悪いかもしれませんが、これは他の料理のサラダの使い回しだと思います)

 DSC09060.jpg
 薄めのカツの上にソースがかかっているのは、まさに金沢カレー。
 ちなみに記事を書くにあたって調べてみましたが、ゴーゴーガストカレーは厳密には金沢カレーの定義には当てはまらないようです。
 金沢カレーの定義は5個あるのですが、「ステンレスの皿に盛られている」「フォークまたは先割れスプーンで食べる」に当てはまらないというのがその理由です・・・というトリビア。

 DSC09062.jpg
 金沢カレーは最近食べていないので正確なことは分かりませんが、黒くどろっとした見た目と濃厚な味は、本場の金沢カレーとほぼ同じ。
 もしかしたらルーについてはゴーゴーカレーさんそのまま? とも感じました。

 DSC09063.jpg
 もちろんカツとカレーの相性も最高。
 かなり具が多い上にルーもちゃんとした量があるので、並盛りではご飯が足りなくなること必至だと思います。
 今回は大盛り(1.5倍)にしたのですが、それでちょうどいいくらいのバランスでした。


 基本データ
 名称:ガスト 桂店
 住所:京都府京都市西京区牛ケ瀬奥ノ防町22
 営業時間:午前8時~午後11時半
 休業日:無休
 電話:075-383-5830
 *禁煙



 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)TrackBack(0)食べ物日記(ご飯物) 

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック