Bar&Bistro64(神戸旧居留地) ランチからディナーまで、カフェ使いもできるおしゃれなお店

 IMG_0310.jpg
 前回紹介した「KOBEとんぼ玉ミュージアム」さんから1本西「浪花町筋」にある、おしゃれな雰囲気のお店「Bar&Bistro64」さんの紹介です。

 IMG_0280.jpg
 店舗外観です。
 全体的に白い建物で、入口の軒先には「Bar&Bistro」の文字が入ったテントがはりだし、壁には「64」の文字があります。

 IMG_0281.jpg
 今回のお目あては、午後3時まで提供されているランチです。メインを注文すると、ドリンクバーと焼き立てオリーブブレッドがついてきます。
 以前は焼き立てオリーブブレッドではなくパンブッフェで、さらにスープバーもついていたようですが、昨年(2022年)10月にメニューの改定があったとか(ただし、公式ホームページ上では元の内容のままになっています)。

 IMG_0306.jpg
 店内に入ると、何とも魅惑的なバーカウンターがお出迎えしてくれました。

 IMG_0308.jpg
 ランチは奥のテーブル席でいただきます。

 IMG_0282.jpg
 店内には、4人掛けのテーブル席と2人掛けのテーブル席がそれぞれ7~8卓ほど、1人でもグループでも利用しやすいと思います。
 訪れたのは平日だったためか会社員風の人も多く、男女にかかわらず1人客も数名利用されていました。

 IMG_0296.jpg
 注文は、自分のスマートフォンを使って行います。
 QRコードを読みこむとLINEの画面が表示されますので、そこから食べたいメニューをオーダーするシステムです。

 IMG_0290.jpg
 IMG_0289.jpg
 注文をすませてから、中央に設置されているドリンクバーにドリンクを取りに行きます。
 冷たい飲み物にはオレンジジュース、アイスコーヒー、アイスティ、暖かい飲み物にはホットコーヒー、ホットティーが準備されています。ミルクもあったので、自分でカフェオレにするのも良さそうです。

 IMG_0288.jpg
 ドリンクバーの中央付近には、オリーブオイルとソルト&ペッバーが準備されていました。
 焼き立てのパンを食べることを考えると、これは嬉しい。

 IMG_0291.jpg
 さらに、粉チーズやタバスコなども準備されており、必要に応じて席に持って行けるようになっていました。

 IMG_0292.jpg
 ドリンクバーを取りに行っている間に、紙に包まれた「焼き立てオリーブブレッド」が到着していました。これは大きい。
 パンブッフェではなかったことを残念に思っていましたが、この大きさだと十分に満足できそうです。

 IMG_0295.jpg
 IMG_0298.jpg
 包みを開くと、中からボリュームたっぷりのふわふわのパンが出てきました。
 中央に縦半分ほどの切れ込みが入っていて、そこから割けるようになっています。名前の通り、パンの中にはオリーブオイルがぬられていました。

 IMG_0299.jpg
 注文したのは、「オムレツ(オマール海老のトマトクリームソース)」1,298円(税込)です。
 つやつやのオムレツの上には、たっぷりの具材とソースが乗せられており、ふわりとただよってくるチーズの香りがたまりません。

 IMG_0304.jpg
 オムレツの中は、見事なまでにとろとろ。
 さらに、オマール海老を使ったソースが濃厚で、しっかりと海老の旨味を味わうことができました。

 IMG_0301.jpg
 こちらは連れが注文した「本日の64デリプレート」1,738円(税込)。キッシュ、キャロットラペ、生ハムとミニトマト、ムール貝などが、きれいに盛りつけられていました。
 どれも美味しかったそうですが、特に酢がきいたキャロットラペが気に入ったそうです。

 IMG_0309.jpg
 「Bar&Bistro64」さん、今回はランチで利用しましたが、カフェ使いもできるお店です。
 ディナーメニューも評判がよく、次回はぜひ夜にフリードリンクをつけて利用してみたいと思います。


 基本データ
 名称:Bar&Bistro64
 住所:兵庫県神戸市中央区浪花町64番地
 営業時間:午前11時~午後11時半(LO午後10時)
      ※営業時間変更の可能性有
       (公式インスタグラムにて要確認)
 休業日:不定休
 電話:078-321-6411

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)TrackBack(0)食べ物日記(京都郊外)

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック