城崎温泉 小林屋 ①温泉中心部にある老舗のお宿

 城崎温泉のお宿の一つ、「小林屋」さんの紹介です。

 城崎温泉の中でも老舗に数えられるお宿で、立地は外湯の一つで一番のランドマーク「一乃湯」のほぼ真向かいです。

 DSC07255.jpg
 小林屋さんの起源は、瀬戸物商の「せとや」さん。
 元禄時代に開業し、その後1710年頃に旅館を創業したとのことで、歴史は300年以上。

 最近改装されたようですが、本記事は改装前の小林屋さんの紹介となります。

 DSC07439.jpg
 小林屋さんの建物ですが、登録有形文化財に指定されているとのことです。

 DSC07442.jpg

 DSC07444.jpg

 DSC08821.jpg

 DSC05817.jpg
 内装は正統派の日本旅館。
 少し老朽化が見られますので、改装ではこのあたりが変わったのでしょうか。

 起源が瀬戸物商であることもあって、宿の公式ページや内装など、多くの場所で器を見ることができます。
 2枚目の写真にある「安藤雅信」氏ですが、調べたところ岐阜県多治見市出身の陶作家とのことです。

 DSC07461.jpg

 DSC05815.jpg
 宿の中には、様々な有名人の似顔絵に言葉が添えられた色紙(プレート?)も飾られていました。

 DSC07449.jpg
 この時泊まった部屋は、おそらく本館。「9号室」とのことです。
 城崎温泉の中心を流れる大谿川(おおたにがわ)と、ランドマークである一乃湯が一望できる絶好の場所でした。
 調べてみると、スタンダードルームでもこの景観がある部屋は3室あるとのことです。

 DSC07451.jpg
 客室設備は一般的なものに加えて冷蔵庫や金庫なども完備。
 昔ながらの趣を残した日本旅館でありながら、全館フリーWiFiが飛んでいるのも特徴の一つです。

 DSC07453.jpg
 バスタオル、浴衣などの備品は標準的なもの。

 DSC07457.jpg

 DSC07458.jpg
 この部屋の最大のポイントは、なんといってもこの眺め。
 一乃湯は城崎温泉にある外湯の一つであり筆頭格。言わばこのあたりが城崎の大通りであり中心部。
 その中心部を一望でき、夜には照明で照らされた温泉街の雰囲気を満喫できます。

 DSC05763.jpg
 薄暮の小林屋さん(と、その奧にある「まつや」さん)。
 実に良い雰囲気だと思います。

 次回は小林屋さんの温泉を紹介します。


 基本データ
 名称:小林屋
 住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島369
 電話:0796-32-2424



 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)TrackBack(0)湯煙日記(兵庫)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック