京都駅近で、ちょっと呑み(酒房すいしん・餃子の王将)

 久々に京都駅近でちょっと呑みしたお店の紹介です。

 DSC04811.jpg
 まずは「炭火焼 酒房すいしん」さん。
 京都駅前のSKビルには、地下2階~地上2階まで「すいしん(酔心)」ブランドの居酒屋が入っています。
 これ以外にも別ブランドを合わせ、京都で18店舗を営業されているそうです。

 DSC04812.jpg
 内装はかなり広く、カウンターもテーブル席もあります。

 DSC04813.jpg
 今回は二人で行ったためか、烏丸通を見下ろすカウンター席に案内してもらえました。
 この夜景を見ながら軽く一杯、というのもなかなか乙です。

 DSC04815.jpg
 まずは生で乾杯。小鉢は日替わりのようです。
 「とりあえずビール」という言葉はいつから生まれたのか分かりませんが、生ビールはやはり旨いもんです。

 DSC04816.jpg

 DSC04817.jpg
 おつまみには、だし巻き卵とポテサラを頼みました。
 ポテサラはなめらかですが、味付けとしては普通。だし巻き卵もスタンダードで、鉄板の味です。

 DSC04818.jpg
 せっかくだし巻きもあるということで、地酒もお願いしました。
 京都の伏見は、名にし負う日本の銘酒の産地です。

 DSC04820.jpg
 それとこちらは「炭火焼 酒房すいしん」なので、炭火焼きメニューから「丹波黒どりもも燻し焼」。
 大小のサイズが選べますが、こちらは小です。
 宮崎名物の地鶏の炭火焼きほど炭が付いているわけではありませんが、炭焼きの風味はきちんと感じる一品でした。

 DSC04821.jpg
 お店を出る時に気付いたのですが、レモンサワーやハイボールのセルフ飲み放題もありました。
 レモンサワー飲み放題は今や色々なお店でやられていますが、すいしんさんでもやっているとは、少し驚きです。

 DSC04823.jpg
 さてその後は、近くにある王将の七条烏丸店さんに河岸を変えてもう一杯。
 こちらのお店は、餃子などおつまみ3種にお酒までついて1000円(瓶ビールの場合1100円)というセットがあるようです。
 餃子の王将さんは各店舗で様々なオリジナルメニューがあるので、それを目当てで行くのも一つの楽しみ。

 DSC04824.jpg

 DSC04827.jpg
 〆なので、お酒は軽くして野菜炒めと炒飯を頼みました。
 餃子の王将さんの定番メニュー、やっぱり旨い。

 DSC04829.jpg
 それと、卓上でこんなもの(10倍鬼辛ラー油)というのを見付けました。
 少し試してみましたが、確かに辛い。辛すぎて料理の味のバランスを壊しかねないので、少しずつ試すことをお勧めします。


 基本データ
 名称:炭火焼 酒房すいしん
 住所:京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町719 SKビル2F
 営業時間:午後5時~午前0時(LO30分前)
 休業日:無休
 電話:075-365-3990

 名称:餃子の王将 七条烏丸店
 住所:京都市下京区烏丸通七条上る桜木町96-10
 営業時間:(月~土曜)午前10時半~午後11時半
 (日曜、連休最終日)午前10時半~午後10時半
 (LO30分前)
 休業日:無休
 電話:075-351-8145



 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)TrackBack(0)食べ物日記(その他) 

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック