AJANTA(寺町) 本場のインド料理を味わうことができるお店

 DSC06598.jpg
 四条寺町交差点から寺町通を南へ400m、徒歩5分ほどの場所にある、本場のインド料理が味わえるお店「AJANTA(アジャンタ)」さんの紹介です。

 DSC06600.jpg
 店内は、8人ほどが掛けられる大きなテーブルが1卓、入口近くに2人掛けのテーブル席が5卓ほど、店の奥側に4人掛けのテーブル席が2卓あります。

 DSC06599.jpg
 店内には、インド料理のお店らしく、シヴァ神の絵などが飾られていました。

 DSC06602.jpg
 今回はランチでお邪魔しました(以下税込価格)。
 「カレー2種類」「スープ」「サラダ」「ナンまたはライス(おかわり自由)」「ソフトドリンクまたはグラスワイン」がセットになった「Aランチ」1,050円を基本に、Aランチにタンドリーチキンが1ピースついた「Bランチ」1,200円、カレーが1種類のみでナンまたはライスのおかわりなし(あとはAランチと同じ)の「Cランチ」900円などがあります。

 DSC06601.jpg
 Cランチに+100円すると「アジャンタ スペシャルランチ」になり、ナンまたはライスがおかわり自由になります。
 カレーの種類も豊富で、12種類の中から好きなものを選ぶことができました(ブラウンカレーのみ+100円)。

 DSC06603.jpg
 ランチセットのソフトドリンクは、こちらのメニューから選ぶことができます。
 一番お高い「マンゴーラッシー」600円でもOKです。

 DSC06605.jpg
 注文すると、まずサラダが運ばれてきました。
 似たようなインド料理屋さんのサラダは、少しどろりとしたニンジンドレッシングが添えられていることが多いですが、アジャンタさんのドレッシングは白色のフレンチドレッシング。個人的には、甘味が抑えめのこちらの方が好みです。

 DSC06606.jpg
 スープは銀色のポットで運ばれてきます。
 同じく銀色のカップでいただくスープは、香辛料たっぷりでスパイシー。コンソメスープにトマトが加わったような風味で、好き嫌いは分かれるでしょうが、個人的には大のお気に入りです。

 DSC06608.jpg
 今回は、Cランチで「ナン」と「マトンカレー(羊肉)」を選択しました。
 ナンのおかわりはできませんが、正直なところ、これだけの大きさがあれば十分です。

 DSC06611.jpg
 スパイシーなカレーに、マトン(羊肉)がごろりと入っています。
 羊肉の独特なにおいが苦手な方もいますが、カレーに入っているだけあって、まったく気になりません。

 DSC06612.jpg
 こちらは、連れが注文した「ひよこ豆カレー」。
 これでもかというほど、ひよこ豆がごろごろと入っていました。

 DSC06613.jpg
 セットのドリンクは、カレーといえばコレ「ラッシー(ソルティー)」を注文しました。
 ソルティーは甘くないラッシーで、もちろん甘いラッシーもあります。

 DSC06610.jpg
 美味しいカレーをいただくことができる寺町の「AJANTA(アジャンタ)」さん。ハーブとスパイス、他原料はインドから直輸入されているそうで、本格的なテイストのインド料理をいただくことができます。
 テイクアウトもできるようなので、気になる方は一度のぞいてみてはいかがでしょう。


 基本データ
 名称:AJANTA
 住所:京都市下京区寺町通高辻下ル京極町515-4
 営業時間:午前11時~午後3時
      午後5時~午後10時
 休業日:なし
 電話:050-5487-6088

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)TrackBack(0)食べ物日記(お酒・その他) 

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック