正寿院(京都府宇治田原町) ①京都の「風鈴寺」として知られている御寺

 IMG_3641.jpg
 京都府の中でも南に位置する宇治田原町、その中でも滋賀県との県境に近い場所にある、真言宗の御寺 慈眼山「正寿院」の紹介です。

 IMG_3645.jpg
 こちらは別名にある「風鈴寺」という名前の通り、毎年夏季(6月1日~9月18日)に開催される「風鈴まつり」で有名な御寺です。
 今回は昨年(2021年)9月、「風鈴まつり」終了間際に訪れた時の様子を紹介します。

 IMG_3640.jpg
 駐車場から境内へと向かうと、まず「天井画」や「猪目窓」がある「客殿」が目に入ります。
 拝観受付はもう少し先にある本堂近くにありますので、ひとまず客殿を横目になだらかな坂道を先へと進みます。

 IMG_3644.jpg
 「風鈴まつり」期間中は、本堂の手前、道路沿いに建てられているテントに受付があります。

 IMG_3698.jpg
 訪れた日は台風が近づいており、小雨が降る中、時折強い風が吹き抜ける状況でした。
 午後からは風鈴を取り外しされるということで、この日は本堂入口向かって右手にある、通常時の拝観受付で手続きをしてもらいました。

 IMG_3699.jpg
 IMG_3646.jpg
 テントの横から境内に足を踏み入れると、本堂へと続く石畳の参道周りには、圧倒されるほどの風鈴が吊るされたやぐら「花風鈴トンネル」が組まれていました。
 参道のほとんどを埋めつくすその数は圧巻のひとことです。

 IMG_3650.jpg
 IMG_3661.jpg
 透明な風鈴の中では、青もみじや桔梗などの花が彩を添えていました。

 IMG_3647.jpg
 IMG_3664.jpg
 6月~7月初旬に「あじさい風鈴」、7月初旬~8月に「ひまわり風鈴」、9月に「こすもす風鈴」が始まるそうです。

 IMG_3663.jpg
 いただいたパンフレットによると、こちらのさまざまな色の風鈴は伝統工芸品の風鈴だというこです。

 強い風に揺れる風鈴の様子を、20秒少し撮影してみました(音がでます)。
 

 IMG_3653.jpg
 花風鈴トンネルのかたわらには、色とりどりの紐が結びつけられた「地蔵堂」があります。
 結ばれているのは縁起物の「叶紐(かのうひも)」、表が「口」裏が「十」の形をした紐を願いをこめて結んだところ、その願いが叶ったことから「叶堂(かないどう)」とも呼ばれているそうです。

 IMG_3694.jpg
 また、庭の蹲踞(つくばい)には、ちょうど盛りを迎えていた彼岸花が活けられていました。
 風鈴の涼やかな音が鳴る中、彼岸花の鮮やかな美しさが目も楽しませてくれました。

 「風鈴まつり」期間中は、風鈴の「絵付け体験」も行われています。詳しくは、公式ホームページにてご確認ください。

 IMG_3670.jpg
 次回は、本堂周りや御本尊、鳴らせる47都道府県のご当地風鈴などを中心に紹介します。


 基本データ
 名称:正寿院
 住所:京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149
 拝観時間:
 (4月~11月)午前9時~午後4時半
 (12月~3月)午前10時~午後4時
 ※いずれも最終受付閉門15分前
 拝観料:
 (通常時)600円 ※菓子付
 (風鈴まつり期間)800円 ※菓子付
 (特別夜間拝観期間)800円
 ※駐車場利用時には駐車場協力金が必要
 拝観不可日:4月第3日曜日、8月17日
       「庭を見ながらヨガ」開催日
 電話:0774-88-3601

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)TrackBack(0)寺社・仏閣日記    

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック