梅宮大社(京都市右京区) ②広い神苑の奥には梅苑があります

 IMG_6438.jpg
 嵐山へと向かう途中にある「梅宮大社」、今回は本殿を横から裏側に広がっている「神苑(庭園)」を紹介します。

 IMG_6510.jpg
 社務所で拝観料をおさめていただく拝観券には、おおまかな地図が印刷されていました。
 この地図を参考に、進んで行くことになります。

 IMG_6461.jpg
 神苑の入口から中に入ると、目の前には大きな池が広がっています。「咲耶池」です。

 IMG_6462.jpg
 IMG_6464.jpg
 咲耶池の渡りにも梅の木が植えられており、門のすぐ左手には鮮やかな紅梅が花をつけ始めていました。

 IMG_6466.jpg
 この辺りは「回遊式庭園」になっており、池の周りや、池の中にある島(?)を散策することができます。

 IMG_6473.jpg
 IMG_6477.jpg
 ぐるりと半周した池の奥では、美しい椿の花を見ることもできました。

 IMG_6479.jpg
 小さな橋を渡って、池の中央にある島へと進みます。

 IMG_6480.jpg
 橋を渡る途中で右手に見える建物は「参集殿」です。
 池の上に細い枝を伸ばしているのは、木肌から見て桜の木でしょうか。
 
 IMG_6484.jpg
 参集殿の脇を抜けて先へと進むと、地面が青いビニールに覆われた建物が見えてきました。
 地図にあった、土俵です。

 IMG_6490.jpg
 土俵の奥から、梅苑がある場所へと進んで行きます。
 季節によりますが、この先には桜や藤、紫陽花なども植えられているそうで、四季折々の花々を楽しむことができるようです。

 IMG_6497.jpg
 低木の間から、独特の形をした「勾玉池」が見えてきました。

 IMG_6495.jpg
 勾玉池の奥には、藤棚の姿も見えます。
 この周りから梅の木の数か多くなり、梅苑になっているようです。

 IMG_6498.jpg
 IMG_6499.jpg
 見頃の木もありましたが、全体的にはまだ蕾が多く、花の数は少ない感じでした。
 公式ホームページによると、訪れた今週初めは、早咲きは散り始め、標準のものはまだ5分咲きほどだったようです。

 IMG_6504.jpg
 途中、散策路を覆うように枝を伸ばしている椿がありました。
 薄い桃色の可愛らしい花が印象的です。

 IMG_6508.jpg
 この先にも出口まで、梅苑が続いています。
 梅の花はまだでしたが、木の下には水仙が可憐な花をつけていました。

 IMG_6511.jpg
 出口付近には、白梅と紅梅が花をつけ始めていました。
 満開になったら、美しい景色を見ることができそうです。

 IMG_6491.jpg
「梅宮大社」の「神苑(庭園)」には早咲きから遅咲きの梅の木があり、全体的にはまだこれから楽しめそうな雰囲気でした。
 公式ホームページに開花状況のお知らせがありますので、梅見に訪れる際は参考にされてください。


 基本データ
 名称:梅宮大社
 住所:京都市右京区梅津フケノ川町30
と 開門時間:
 (夏季)午前6時半~午後6時
 (冬季)午前7時~午後5時半
 神苑(庭園)拝観時間:午前9時~午後5時
 神苑入苑料:大人600円/小人400円
 電話:075-861-2730

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)寺社・仏閣日記    

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント