昇苑くみひも(宇治本店) ②実用的なものからおしゃれアイテムまで、いろいろ揃っています

 京都府宇治市にある「昇苑くみひも(宇治本店)」さん、今回は「手組み体験」以外の人も自由に入れるショップを紹介します。

 IMG_3538.jpg
 ショップは白壁と木製台がほのかな照明に照らされた、落ち着いた雰囲気になっています。
 少し気おくれしてしまいそうですが、普通にお店に入る感覚と同じで問題ありません。

 IMG_3539.jpg
 訪れた時、入ってすぐの木製台に並んでいたのは、時節柄マスクチャームとしても使えるアクセサリーです。
 バッグや洋服のファスナーの引き手部分につけても、おしゃれだと思います。

 IMG_3540.jpg
 左側のトレー左上から「望月」「宿木」が660円(税込)、「花笑(はなえみ)」「清風(すずかぜ)」が880円(税込)、右側のトレー左上から「恋玉」「茶葉(ちゃのは)」「玉響(たまゆら)」が1,100円(税込)になっています。
 あまりの可愛らしさに、お土産としていくつか購入してしまいました。

 IMG_3522.jpg
 IMG_3541.jpg
 壁際、カナダの国旗が飾られている場所にあったのは、「GloColor Cube」と名づけられた、世界各国の国旗カラーをモチーフにした根付です。
 世界(Global)と地域(Local)、そして色(Color)を組み合わせてネーミングされているそうで、公式ホームページでは現在仕立てられている201国のカラーを確認することができます。

 IMG_3521.jpg
 奥の木製台には、種類別に白い陶器の皿に陳列されたチャームが並び、壁際にはネックストラップやグラスコード、くみひもクリップなど、日常的にあったら便利な品物もありました。

 IMG_3545.jpg
 レジカウンターの向かい辺り、竈の後を再利用したような雰囲気の場所に並べられていたのは、ヘアアクセサリーです。
 「髪飾り かんざし」3,300円(税込)や「髪飾り コーム」2,750円(税込)など、七五三をはじめ、和装の装いにぴったりの品物だと思います。

 IMG_3546.jpg
 少し離れた場所には、組紐で作られた「京くつひも」1,650円(税込)もありました。

 IMG_3542.jpg
 ショップの奥には、小さな坪庭を見ることもできます。

 IMG_3543.jpg
 坪庭に面した場所には、色とりどりの組紐が並んでいました。

 IMG_3547.jpg
 「正絹 四つ組」「正絹 江戸紐(八つ組)」をはじめ、色々な組紐が一堂に並んでいるので、見ているだけでもわくわくします。

 IMG_3548.jpg
 「東レ」社製「シルック(素材ポリエステル)」を使用した、飾り結びに適した結びやすい江戸紐も10メートルで販売されており、横には飾り結びの教室紹介などもありました。
 機会があれば、一度学んでみたいものです。

 IMG_3520.jpg
 「手組み体験」にかかる時間は、仕上がりも含めて1時間~1時間半ほど(2人体験の場合)。それほど時間がかかるわけではないので、終わった後で周辺を観光する余裕もあります。
 「手組み体験」はあらかじめ1週間前までに予約が必要ではありますが、買い物目的でふらりと立ち寄ってみるだけでもお勧めのお店です。


 基本データ
 名称:昇苑くみひも 宇治本店
 住所:京都府宇治市宇治妙楽146-2
 営業時間:午前10時~午後5時
      ※手組み体験は完全予約制(1週間前まで)
      ※予約は公式ホームページから可能
 休業日:火曜日(祝日の場合は要確認)
     12月30日~1月4日
 電話:0774-66-3535

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)観光・街歩き日記   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント