うしのほね あなざ(烏丸御池) ②全体的にしっかりとした味つけでごはんが進みます

 京都市営地下鉄 烏丸御池駅から徒歩5分の場所にある「うしのほね あなざ」さん、今回はもう一人が注文したランチを紹介します。

 DSC03692.jpg
 もう一人が注文したのは「あなざの選べるランチ」900円(税込)から、「おばん菜 三種盛りあわせ」と「ホッケ塩焼き」です。

 IMG_4248.jpg
 日替わりでお勧めが盛られている「おばん菜 三種盛りあわせ」、この日は、左の方から「丹波しめじのナムル」「秋刀魚のくらま煮」「伏見唐辛子のおじゃこ煮」でした。
 いずれもしっかりとした味つけで、ごはんのおかずにもってこいです。

 DSC03686.jpg
 「丹波しめじのナムル」は中華風の味つけで、丹波しめじの他にも、ねぎやパプリカが入っていました。上にパラリとかけられた白ごまが上品な雰囲気です。

 IMG_4250.jpg
 今年は(も?)高いと噂の秋刀魚は、くらま煮で仕立てられていました。
 「くらま煮」とは「山椒煮」のことで、鞍馬が山椒の産地であることから、京都ではこのように呼ばれているそうです。

 DSC03684.jpg
 「伏見唐辛子のおじゃこ煮」には、ごま油が使われていて、ごはんが進むのは言うまでもありません。

 IMG_4253.jpg
 「ホッケ塩焼き」は、20cmほどの大きさの半身でいただきました。
 正直なところ、注文した時はこの半分ほどの大きさを想像していたので、嬉しい驚きです。

 IMG_4257.jpg
 身は厚みがあって、ふっくらと焼きあげられていました。
 味もちょうどよい塩加減で、たっぷりの大根おろしが添えられているのも良かったです。

 DSC03676.jpg
 IMG_4258.jpg
 「うしのほね あなざ」さんでは、「あなざの選べるランチ」に他にも、「あなざの名物 シチューランチ」1,800円(税込)もあります。
 食べてみたいとは思いつつも、選べるランチのラインナップに心惹かれるものが多く、結局は選べるランチを選んでしまいそうです。

 IMG_4246.jpg
 自宅でいただくのであれば、「うしのほねのおもたせ」として、真空パックに入った「うしのほね風シチュー」も販売されています。
 価格は確認し忘れましたが、ネットで確認したところ、軽く1,000円は超えるようです。

 DSC03678.jpg
 また、ランチタイムやディナータイムでのお酒の提供も再開されています。
 ただし10月21日までは、京都府からの要請により、午後9時までの時短営業(お酒の提供は午後8時半まで)中だとか。

 DSC03693.jpg
 10月22日からは、通常営業を予定されているということですので、今度はディナータイムにうかがってみたいものです。
 営業時間について詳しくは、公式ホームページにてご確認ください(変更の可能性もあるそうです)。


 名称:うしのほね あなざ
 住所:京都市中京区三条富小路西入ル中之町15-1
 営業時間:
 (ランチ)正午~午後2時
 (ディナー)午後5時~午前0時(LO午後11時半)
 電話:075-213-2822

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)食べ物日記(ご飯物) 

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント