別府温泉 豊山荘 別府では希少な「つるヌル」美人湯

 別府温泉のうち、別府鉄輪エリアにある「豊山荘」さんの紹介です。

 別府というと血の池地獄、海地獄など硫黄の香り豊かな温泉が有名ですが、こちらでは別府では希少な「つるヌル」の美人湯を楽しむことができます。

 DSC08374.jpg

 DSC08375.jpg
 豊山荘さんは別府鉄輪(かんなわ)エリアにあるお宿です。
 立ち寄り湯も400円という格安で受け付けています。

 別府ICからも近く、地獄巡りの拠点としても利用できる、交通アクセスの良い場所にあるお宿です。
 言い方は悪いのですが、この宿の立ち寄り湯を選んだのは本当にたまたまで、なおのこと泉質に大いに驚きました。

 DSC08339.jpg
 大浴場は別棟にあります。硫黄泉ですが、別府の場合は街中がだいたい硫黄臭なのであまり感じませんでした。
 なお、立ち寄り湯でも利用できる貸切家族風呂や、貸切の露天風呂もあるそうです。

 DSC08370.jpg
 一般に「つるヌルのお湯」というと適温かもう少し低い温度を想像しますが、そこはさすがに別府。源泉温度は90度以上の熱湯です。
 厳選のまま入ることはできないので水でうめるわけですが、あまりうめると次のお客さんの迷惑になりますので、自分自身の適温や体調とも相談して、ほどほどにうめるようにしましょう。

 DSC08371.jpg
 温泉のデータ
 源泉名:豊山荘
 泉質:アルカリ性単純硫黄泉
 源泉温度:95.6℃
 pH:9.1
 成分総計:1リットルあたり0.97g
 お湯の印象:無色、わずかな濁り、硫黄臭、源泉臭、滑らかな肌触り

 加温:無し
 循環:無し
 消毒:無し

 DSC08342.jpg
 豊山荘さんの大浴場は、内湯一つ。
 温泉が高温で湯気がこもりやすくなっているので、必要ない時は窓を開けておいた方が良さそうです。

 DSC08350.jpg
 驚いたのはこちらの泉質。
 本当にトロトロのお湯で、「これが別府?」と思わず感じてしまいました。
 温泉名人もおっしゃっているように、確かにこれは名湯。そしてこんなバラエティに富んだ温泉もあるのが、別府の底力だと思います。

 良い意味で別府のイメージが付け加わるお湯なので、機会があればぜひどうぞ。

 DSC08353.jpg
 湯口。左がうめる用の水で、右が源泉。
 源泉温度は、湯口でも70度以上はあると思いますので、火傷注意です。

 DSC08358.jpg
 源泉側には、温泉成分がびっしりとこびりついていました。

 DSC08354.jpg
 浴場のアメニティは一般的なものです。
 ここはとにかくお湯がいいので、個人的には何の問題もありません。一度泊まってみたいものです。

 DSC08347.jpg
 水中写真。お湯はわずかに濁っていました。


 基本データ
 名称:豊山荘
 住所:大分県別府市小倉4組
 営業時間:正午~午後7時(土曜日は午後3時まで)
 入浴料:大人400円、小人200円
     貸切家族風呂、貸切露天風呂などあり
 休業日:無休?
 電話:0977-21-8080


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(大分)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント