信州そば処 そじ坊(イオンモール京都五条) 自家製麺のそばを味わえるそば専門店

 DSC02815.JPG
 うどん専門店「杵屋」さんを運営する「グルメ杵屋レストラン」さんのブランドのひとつ、「信州そば処 そじ坊」さんの紹介です。

 DSC02788.JPG
 訪れたのは、イオンモール京都五条店の3Fレストラン街に入っている「そじ坊(京都五条イオンモール店)」さん。
 以前紹介した「サンマルクカフェ」さん、「ブレッドガーデン」さんの向かいにあります。

 DSC02791.JPG
 DSC02799.JPG
 店内は明るい色の木製の床に、濃い色の木製のテーブルが配置されていて、落ち着いた雰囲気。
 カウンター席や小上がりの座敷席はなく、テーブル席のみです。

 DSC02795.JPG
 DSC02794.JPG
 メニューには、生わさびが1本ついた「ざるそば」730円(税込)をはじめとして、温かいそばや冷たいそばも揃っています。

 DSC02809.JPG
 「生わさび1本は使いきれるんだろうか」と思ったら、きちんと持ち帰り用の袋も準備されていました。

 DSC02793.JPG
 DSC02792.JPG
 その他にも、丼物の定食やそばの定食、つまみになりそうな逸品もの、出雲の割子そばにも似た「そば三昧」というメニューもあります。

 DSC02796.JPG
 こちらは期間限定メニュー、夏にはやはり鰻やさっぱりとしたメニューが好まれるのでしょうか。

 DSC02813.JPG
 お茶は、冷たい蕎麦茶をいただきました。これが香ばしくてまた美味しい。
 喉が渇いていたこともあって、ごくごくと飲み干してしまいました。

 DSC02800.JPG
 注文したのは、「大海老天丼定食」1,030円(税込)です。
 ちょうど「イオンモールアプリ」で京都五条店限定のクーポン(メニュー限定そば大盛り無料)が届いていたので、そばは大盛り(一玉追加)でお願いしました。

 DSC02810.JPG
 「大海老天丼」の海老は極端に大きいというわけではありませんが、それなりの大きさです。
 ごはんは1膳分ほど、茄子は半分に切ったものが添えられていました。

 DSC02811.JPG
 天ぷら自体には味はついておらず、甘めのたれをかけていただきます。

 DSC02808.JPG
 そばは、二八そばよりも少し小麦粉が多い印象です。
 口コミを調べると四(小麦粉)六(蕎麦粉)とも言われているようで、喉越しが良いそばです。

 DSC02804.JPG
 こちらは期間限定の「梅しらす丼定食」980円(税込)、そばは普通盛りでお願いしました。
 ちなみに、「大海老天丼定食」「梅しらす丼定食」ともに、冷たいそば または 温かいそばを選ぶことができるそうです。

 DSC02805.JPG
 「梅しらす丼」自体には、ほどよい塩味がついています。
 たれが添えられていますが、しらすや梅の塩味とわずかに感じる胡麻油の香りがほどよく、結局たれは使用しませんでした。

 DSC02812.JPG
 最後は、蕎麦湯をいただきました。とろみは少なく、かなり薄めのものなので、あっさりと飲み干すことができました。

 いろいろな組み合わせで信州そばを楽しむことができる「信州そば処 そじ坊」さん、今度は生わさびが1本ついたざるそばをいただいてみたいと思います。

 なお、2021年8月現在、京都府の要請で営業時間が短縮されています。
 詳しくは、イオンモール京都五条公式ホームページにてご確認ください。


 基本データ
 名称:信州そば処 そじ坊
    京都五条イオンモール店
 住所:京都市右京区西院追分町25-1
 営業時間:午前10時~午後10時(LO午後9時)
 休業日:なし
     ※天災、保守、メンテナンス等により
      臨時休業有
 電話:075-314-9730

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)食べ物日記(麺類)  

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント