鶴の湯温泉(日高郡みなべ町) 黄褐色の濁り湯でのんびり湯浴み

 「鶴の湯温泉」さんの紹介です。

 和歌山県のみなべ町にある宿泊・日帰り施設で、江戸時代から湯治場として親しまれてきたとのこと。
 今回は日帰り温泉でお邪魔しました。

 DSC07426.jpg
 鶴の湯温泉さんの外観。
 温泉館と宿泊館は分かれているようです。

 DSC07428.jpg
 温泉館を入ったところです。
 休憩スペースとお土産売り場がありました。

 こちらの温泉は、内湯が一つと露天が一つありますが、位置が離れていてそれぞれに脱衣場があります。
 なので、内湯から露天に直接移動することはできません。

 DSC07473.jpg
 温泉のデータ
 源泉名:新鶴の湯温泉
 泉質:含二酸化炭素-ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉
 源泉温度:22.5℃
 pH:6.7
 成分総計:9.09g/L
 お湯の印象:黄褐色の濁り、柔らかな肌触り、ほぼ無臭、泡付きあり

 DSC07429.jpg
 お湯の使い方(推測を含む)
 加温:有り
 循環:有り(掛け流し併用)
 消毒:有り

 DSC07450.jpg
 こちらは内湯の脱衣場。
 見ての通りそれほど大規模ではないのですが、ピーリングジェルやクリームなど、アメニティ類が充実していたのが印象に残りました。
 
 DSC07457.jpg
 内湯はシンプルに、洗い場が数カ所と湯船が一つ。
 お湯の色は黄褐色濁りで、匂いはありません。

 脱衣場と同様、アメニティは充実しており、馬油の3点セットに炭の3点セット、ピーリングジェルに高級石けんやかかとブラシも置いてありました。

 DSC07465.jpg
 湯船のお湯は加温・循環・消毒あり。消毒臭は弱め。
 湯口からはおそらく掛け流しのお湯が流れていて、口に含むと鉄味と炭酸味、それにニガリのような味を感じました。

 浴感はそれほど特殊なものではないのですが、泡付きのあるお湯で、滑らかな感覚があります。
 ぱっと見てのお湯の印象とは違い、ずいぶん優しい肌当たりのお湯でした。

 DSC07467.jpg
 壁の富士山ならぬ鶴の湯を眺めながら、終始貸切でのんびり。

 DSC07437.jpg

 DSC07438.jpg
 一方、こちらは露天の脱衣場です。
 貴重品ロッカーも完備されていました。

 DSC07447.jpg

 DSC07448.jpg
 露天のお風呂。露天にも洗い場が付いています。
 当然お湯の質は内湯と同じですが、やはり内湯と比べると消毒臭は強く感じてしまいます。
 このあたりは、公衆浴場という特性上しかたのないところだと思います。

 DSC07440.jpg
 宿泊の価格も見てみましたが、なかなかリーズナブル。
 熊野牛の石焼付会席と朝食を付けて、一人10,000円くらいで収まる価格帯でした。

 WiFiも完備されていますので、ワーケーションにもいいかもしれません。


 基本データ
 名称:鶴の湯温泉
 住所:和歌山県日高郡みなべ町熊瀬川47
 営業時間:午前11時~午後8時
 入浴料:大人600円 子供300円
 休業日:毎週火曜日(確認要)
 電話:0739-75-2180



 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(和歌山)  

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント