徳島ラーメン 麺王(京都久世店) 夏の麺王名物「つけ中華」とお得な公式アプリ

 向日市にもほど近い、京都市南区171号沿いにある徳島ラーメンのお店「麺王」さんの紹介です。

 DSC02326.jpg
 店舗外観です。場所はセブンイレブンさんの真横。
 19台停められる駐車場もあるので、車でも利用しやすいと思います。
 お昼時は、入口の券売機のところで食券の購入待ちの列ができていることもありますが、料理の提供スピードが速く、回転は良いお店です。

 DSC02327.jpg
 今回のお目当てはこちらの「つけ中華」750円(税込)。
 夏の定番ということですが、実は初めての挑戦です。

 DSC02328.jpg
 店内にはテーブル席が6つ、中央にはカウンター席もあり、ひとりでもグループでも利用しやすいと思います。
 訪れた日も、店員さんが食券を受け取ったり無料の生卵を運んだりと、テンポよく接客されていました。

 DSC02329.jpg
 そもそも麺王さんの「つけ中華」は、その名の通り中華風の味がするつけ麺です。麺は全粒粉麺が使用されています。
 少し前に紹介した「丸源ラーメン」さんの「和風冷しつけ麺」のような冷やし中華風ではなく、醤油をベースにしたつけ汁に辣油入っているようです。

 DSC02331.jpg
 京都久世店ではもともと生卵は無料ですが、「つけ中華」の場合は頼まずとも生卵がついてきました。
 店員さん曰く「つけ汁に生卵を入れないと、辛くて食べられない場合もある」とのこと。

 DSC02337.jpg
 麺のトッピングは山盛りの白髪ネギ、刻み海苔、チャーシュー、メンマ、小さな丸っこいものは揚げ玉です。白ごまもパラリとかかっています。

 DSC02338.jpg
 麺はパッと見た目は蕎麦のようですが、全粒粉を使った中太麺です。

 DSC02340.jpg
 チューシューは、通常の徳島ラーメンに入っている甘辛い豚バラ肉ではなく、一般的なチャーシュー。少しパサパサ感がある、しっかりめの食感でした。

 DSC02342.jpg
 まずは、そのままつけ汁につけていただきます。
 辣油の辛さはほどほどにありますが、個人的には辛すぎるということはなく、ほどよい辛味です。ただ味はちょっと濃いめです。

 DSC02344.jpg
 次はそのまま生卵につけてから、つけ汁にくぐらせます。
 生卵が濃いめ醤油ベースのつけ汁と辛味をやわらげてくれて、これはなかなか良い感じ。
 結局最後は、つけ汁の中に溶いた生卵を入れて、麺をからめながらいただきました。

 ここからは、麺王さんの公式アプリの紹介です。
 IMG_2441.jpg
 麺王さんの公式アプリでは、日々ポイントを貯めてることができます。
 毎日アプリを開くことでログインポイントが1ポイント、24時間に1回削ることができるスクラッチで1~10ポイントをもらえます(ほとんどが1~2ポイントですが)。

 IMG_2443.jpg
 貯まったポイントは、サイドメニューと交換が可能です。
 ちなみに20ポイントで交換できる味玉は、実は店頭では販売されていません。アプリポイント交換専用だということです。
 30ポイントで交換できるライスは、お替わり自由になっています。

 DSC02343.jpg
 今回は60ポイント使って、ギョーザをいただきました。
 ポイントを使う時は、交換したいメニューをタップすると「スタッフ確認用」のボタンが表示されますので、スタッフに見せてボタンを押してもらえばOKです。

 徳島ラーメン「東大」で有名な株式会社「東大」さんが運営されている、徳島ラーメン「麺王」さん。店舗数自体は少なく、京都府は京都久世店1店舗のみです。
 171号沿いのロードサイドのお店ですので、近くを通ることがあれば、お勧めのお店です。


 基本データ
 名称:麺王 京都久世店
 住所:京都府京都市南区久世殿城町448
 営業時間:午前11時~午前0時
 休業日:不定休
 電話:075-874-6425
 *禁煙、駐車場は10台以上完備

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)食べ物日記(麺類)  

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント