ききょうの里(京都府亀岡市) ②明智光秀を表現した庭園の数々

 IMG_2434.jpg
 京都府亀岡市にある「ききょうの里」の2回目、引き続き園内の庭や咲き乱れる花々を紹介します。

 IMG_2330.jpg
 こちらは前回紹介した「人徳の光秀」と名づけられた庭の隣にある「光秀~心の庭~」という庭園です(うっかり全体像は撮影忘れ)。
 この庭では、本能寺への挙兵前、光秀が「屏風の竹垣をのぞき苦悩する心境を表現」しているとか。

 IMG_2332.jpg
 「光秀~心の庭~」の後方にあるのは、「亀宝の丘園」と名づけられている庭園です。
 この庭は「光秀が太平の世を夢見て奔走した舞台である亀岡の原風景」をイメージしているそうで、亀岡平定の拠点となった「亀岡の周囲には愛宕山を牛松山などの山々を配し、それらを取り巻く霧の海を白砂で表現」されています。

 IMG_2337.jpg
 こちらは「亀山の山紫水明」、丹波亀山城城主として城と城下町を築いた光秀の築城は、近世亀山の発展の基礎になっています。
 そこから始まった亀岡のまちづくりのルーツを表現されているのが、こちらの庭園です。

 IMG_2336.jpg
 すぐ近くには、桔梗の花を浮かべた手水鉢もありました。

 IMG_2338.jpg
 市松模様にも似せて石畳が敷き詰められた「天空の丹波石畳の庭」は、亀山城の城下町を表現しているそうです。
 現在でも、旧城下町一帯には、切妻や京格子の町屋が残っているそうなので、一度亀山城跡も含めて散歩してみたいと思っています。

 IMG_2343.jpg
 草木が生い茂っている方向へ、さらに奥へと足を進めていきます。

 IMG_2358.jpg
 IMG_2424.jpg
 石畳の小径の上には、なだらかな道に沿うように藤棚が続いていました。時期が時期だけに、藤の豆のさやがぶらさがっている場所も。

 IMG_2360.jpg
 小径の両側には、桔梗の花が咲き乱れています。

 IMG_2354.jpg
 藤棚の横には、鮮やかな橙色の花をつけた木もありました。

 IMG_2425.jpg
 この朝顔やハイビスカスにも似た、橙色の美しい漏斗のような形をした花は「凌霄花(のうぜんかづら)」、夏の花です。
 ツル性の植物のようだったので、最初は他の木に巻きついているのかと思いましたが、実は幹はしっかりと太い木だということ。
 枝先からツルが下の方へと伸び、その先に花をつけるようです。

 IMG_2361.jpg
 小径も終わりへと近づいた頃、左手に馬に乗った武将の像が見えてきました。
 特に何の案内も見あたらなかったのですが、やはり明智光秀でしょうか。

 IMG_2366.jpg
 IMG_2364.jpg
 藤棚の小径を通り抜けると、「ききょうの里」の敷地の中から一般の道路にでます。しかしここで終わりではありません。

 IMG_2365.jpg
 奥に見える赤茶色の屋根は「谷性寺」、通称「光秀寺」「桔梗寺」と呼ばれている御寺です。
 次回はこの「谷性寺」の周りと、見事な「半夏生」「ルドベキア」の花畑を紹介します。


 基本データ
 名称:ききょうの里
 住所:京都府亀岡市宮前町猪倉 谷性寺門前
 開園期間(2021年):6月27日~7月25日
 開園時間:午前9時~午後4時
 入園料:(中学生以上)600円
 電話:
 (直通)0771-26-3753
 (JR亀岡駅観光案内所)0771-22-0691

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)観光・街歩き日記   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント