七釜温泉 七釜荘 ②七釜温泉の源泉を釜風呂で楽しむ

 七釜温泉「七釜荘」さんの紹介、今回は温泉です。

 七釜温泉という名前には、海水を煮て塩を作っていた釜が七つあったためとか、点在する墳墓が釜に見えたとか諸説あるようですが、由来に「釜」が大きく関わっていることは間違いないようです。

 DSC00532.jpg
 七釜荘さんの浴室は、男女各1。
 それぞれ内湯1、露天1があります。なお、日帰り入浴は受け付けていないようです。

 DSC00537.jpg

 DSC00535.jpg
 それほど大きなお宿ではないので、脱衣場も小さめ。
 アメニティは必要最小限ですが、必要なら部屋から持ってくればいいので、それほど問題ではないと思います。

 DSC00536.jpg
 温泉のデータ
 源泉名:七釜第3号源泉
 泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
 源泉温度:51.3℃
 pH:7.4
 成分総計:不明(低張性)
 お湯の印象:わずかな濁り、源泉臭、良く暖まるお湯

 お湯の使い方
 加温:無し
 循環:無し
 消毒:無し

 DSC00538.jpg
 七釜荘さんの浴室、内湯部分です。
 浴槽は3~4人が入れる大きさで、洗い場は4ヶ所ありました。

 DSC00539.jpg
 浴室アメニティは基本3点セット、詰め替え容器なので元のブランドは分かりません。

 DSC00542.jpg
 お湯はやや熱めのうす濁りで、金気臭や源泉臭が漂っていました。
 源泉温度51.3℃の掛け流し、泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉(芒硝泉・石膏泉)です。
 肌触りに特徴はありませんが、かなり温まるお湯なので長湯には注意。あとできれば、夏以外の季節にマッチしたお湯だと思います。

 DSC00546.jpg
 こちらは露天、七釜温泉唯一の「釜」風呂とのことです。
 源泉が熱い上に、内湯よりも容積が少ないので、お湯の上と下で温度が違う場合があります。良くかき混ぜて入らないと、上だけ激熱なんてことも。

 DSC00550.jpg
 湯口には、析出物がびっしりとこびりついていました。

 DSC00552.jpg
 無理かなーと思いつつ水中写真を撮ってみましたが、やっぱり無理だったの図です。
 (上の方に写っているのが、釜の縁)
 完全に濁っているわけではないですが、うす濁りのお湯です。

 DSC00551.jpg
 壁に囲まれた浴室なので展望は期待できませんが、評判通りの良い湯を楽しみました。

 次回は七釜荘さんの夕食を紹介します。海老づくしでした。


 基本データ
 名称:七釜荘
 住所:兵庫県美方郡新温泉町七釜337
 休業日:無休
 電話:0796-82-2458


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(兵庫)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント