和らぎの道(京都府亀岡市) ③水面を流れ揺れる桜の美しさ

 京都府亀岡市にある桜の名所「和らぎの道」、最後は七谷川の上流(府道の西)側で桜が水面をただよう様子を紹介します。
 なお写真は今年(2021年)4月上旬に撮影したものです。

 IMG_1192.jpg
 前回紹介した「ふれあいばし」から上流にはいくつかの落差工があり、何ヶ所かで川底に降りることができます。
 写真は橋のすぐ上流、こちらでも石の階段をおりてみました。

 IMG_1196.jpg
 きれいに積み上げられた石垣には、桜が滝のように流れ落ちた後が残っています。これはなかなかに良い風情。

 IMG_1194.jpg
 溜まっている水の一部は細い流れとなって下流へと続いていましたが、途中には桜溜まりができていました。

 桜が水の流れにのって、桜溜まりに流れこむ様子を撮影しました。
 曲が鳴りますので、気になる方は事前にミュートの設定をお願いします。
 

 IMG_1203.jpg
 一度川岸へと上がり、さらに少しばかり上流へと進みます。

 IMG_1204.jpg
 IMG_1205.jpg
 細い道の途中にあった階段をおりると、先ほどの落差工の上にあたる場所にでました。
 こちらにも、桜の花びらがあちらこちらに降り積もっていました。

 IMG_1209.jpg
 こちらは、他の場所よりも流れ落ちる水が多く、その水の流れで桜の花びらが輪を描くようにくるくると回っている様子を見ることができました。なんとも幻想的な光景です。

 IMG_1211.jpg
 この場所には、階段まで飛び石が続いている場所もありました。
 水深は浅いですが、石自体は安定感がなくぐらぐらしていました。足を滑らせれば、少なくとも靴は濡れ、ひどいと尻もちでもついて服が濡れかねませんので注意が必要です。

 IMG_1199.jpg
 IMG_1200.jpg
 また、「和らぎの道」のところどころには、可愛らしい子供の銅像も設置されていました。
 それぞれ「水鳥と少女」「桜の木の下で」という名前がつけられています。

 最後に駐車場の案内です。
 IMG_1086.jpg
 IMG_1215.jpg
 「さくら公園」の道路向かいには、広い民営駐車場があります。
 通常の駐車料金は500円ですが、桜の開花時期には1,000円になることもあるそうです。また、ライトアップの時間には対応しておらず、午後6時閉門となっています。

 IMG_1085.jpg
 また、700メートルほど離れた徒歩10分ほどかかる場所に、「和らぎの道」利用者専用の短時間駐車場があります。
 停められる台数はそれほど多くはなく、さらに目的外の利用は禁止されていますが、「和らぎの道」を短時間散策するくらいなら利用できそうです。

 IMG_1151.jpg
 春に美しい桜を愉しむことができる、京都府亀岡市の「和らぎの道」。車で訪れるのが便利だとは思いますが、「亀岡市ふるさとバス」でJR亀岡駅からは10分ほど、JR千代川駅からは15分ほどで到着することもできます(ただし本数は少ないです)。
 近くには車で2分ほどの場所に、こちらも亀岡市の桜の名所である「出雲大神宮」もあります。
 来年はぜひ「和らぎの道」「出雲大神宮」合わせて花見にうかがいたいと思います。


 基本データ
 名称:和らぎの道
 住所:京都府亀岡市千歳町
 営業時間:24時間
 定休日:なし
 入場料:不要
 電話(亀岡市観光協会)
   :0771-22-0691

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)観光・街歩き日記   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント