北野天満宮 ③招福の梅の枝「思いのまま」が授与されています

 「北野天満宮」の紹介、最後は和菓子「長五郎餅」を販売されている「長五郎餅本舗」さんの「北野天満宮 境内茶店」と、授与されているお守りなどを紹介します。

 DSC09810.jpg
 こちらは、「梅苑」公開中3月25日までの土曜日・日曜日・祝日のみ営業されている「長五郎餅本舗」さんの「北野天満宮 境内茶店」です。
 前回紹介した「竈社」の向かいにあります。

 DSC09811.jpg
 DSC09812.jpg
 このお店で販売されているのは「長五郎餅」という名前の餅菓子。天正15年(1587年)豊臣秀吉が開いた「北野大茶会」で茶菓としてもちいられたという、400年以上続く名品です。

 DSC09814.jpg
 残念ながら、しばらくの間お茶席は休業中。長五郎餅の持ち帰り販売のみとなっています。

 DSC09820.jpg
 こちらが持ち帰り用のラインナップ、2個入340円(税込)から販売されています。

 DSC09816.jpg
 せっかくなので、2個入をひとつ購入してみました。賞味期限は製造日より2日です。
 北野天満宮境内茶店限定でしょうか。箱には、「北野天満宮 梅苑」と印字された可愛らしい梅模様の包装紙が巻かれていました。

 DSC09818.jpg
 長五郎餅は、薄い餅皮に甘さ控えめの餡を包んだ餅菓子です。
 一般的な大福ほど大きくはありませんので、女性でも2口くらいでいただくことができそうな大きさ。
 持ち帰って自宅でいただきましたが、やわらかな餅皮とほんのりとした上品な甘さの餡は口あたりがよく、とても美味しくいただきました。

 ここからは、北野天満宮で授与されているお守りなどの紹介です。
 DSC09826.jpg
 こちらは授与所の上に掲示してある授与品の一覧です。
 入試合格・学業成就の授与品の中には、「学業鉛筆」なるものもありました。鉛筆の半数は、試験会場への持ち込み用に無地になっているそうです。

 DSC09827.jpg
 時期柄か、「入試・試験合格」「学力・芸道(スポーツ)向上」の御祈祷申込記入所が設けられていました。
 本殿へ昇殿しなくても御祈祷を申し込むことができるそうで、三月末日までは毎朝御神前に御祈祷していただけるそうです。

 DSC09825.jpg
 DSC09824.jpg
 こちらは、「疫病退散・災難厄除・入試合格」のご利益がある、招福の梅の枝「思いのまま」。
 前回紹介したように、「思いのまま」の別名は「輪違い(りんちがい)」。紅色・白色の花が1本の木から咲き分ける梅です。
 北野天満宮のツイッターによると、梅苑では斑入りの花が咲き始めているとか。

 DSC09836.jpg
 梅は古くより無病息災・疫病邪気払いの信仰が伝えられており、特に北野天満宮の境内神域で育った梅は天神さまの御神徳が宿った縁起物と考えられてきたそうです。

 DSC09838.jpg
 招福の梅の枝「思いのまま」にはひょうたんがひとつぶらさがっています。
 このひょうたんは「厄除け玄米入りひょうたん」。厄除玄米とは、北野天満宮で斎行される「梅花祭」にて神前に奉る白梅・紅梅の小枝を挿した「紙立」と呼ばれる神饌(神社や神棚に供える供物)の調製にもちいられる玄米のことだとか。
 この玄米をごはんに炊き込んでいただくと、厄除け・災難除け・無病息災のご利益があると伝えられているそうです。

 DSC09831.jpg
 また北野天満宮では、2月26日(金)~3月14日(日)期間中、毎週金曜日・土曜日・日曜日限定で梅苑の夜間ライトアップが予定されています。
 時間があれば、一度足を運んでみたいものです。

 「梅苑」公開中の今回の「北野天満宮」は、この1年の中でもっとも人出が多かったように感じました(平日か休日かの違いもあるかもしれませんが)。
 なお、2021年2月中旬現在、京都府で新型コロナウイルス感染拡大防止のための「緊急事態宣言」が発令されているため、開門閉門時間を含め、各受付時間が変更になっています。詳しくは、公式ポームページにてご確認ください。


 基本データ
 名称:北野天満宮
 住所:京都市上京区馬喰町
 拝観時間
  (4月~9月)午前5時~午後6時
  (10月~3月)午前5時半~午後5時半
  ※毎月25日のライトアップは日没~午後9時まで
  ※秋のライトアップは日没~午後8時まで
 拝観料:境内自由
     ※「梅苑」公開時は「梅苑」への入場料必要
     ※「御土居」公開時は「御土居」への入場料必要
 お守り授与時間:午前9時~午後5時
 祈祷受付時間:午前9時~午後4時半
 電話: 075-461-0005

 基本データ
 名称:長五郎餅本舗 北野天満宮 境内茶店
 住所:京都市上京区馬喰町 北野天満宮境内
 営業時間:午前9時~午後5時
      ※店内飲食は午前11時~午後3時
 営業日:毎月25日、北野天満宮での行事のある日
 電話(本店):075-461-1074

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)寺社・仏閣日記    

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント