昭和館 ④朝食はシンプル、でも十分

 「昭和館」さんの紹介、最後は朝食です。

 DSC00958.jpg
 朝食は夕食と同じく、客室とは別の部屋に用意されていました。
 ヤカンに入ったお茶といい、お米の保温釜と言い、どことなく民宿を彷彿とさせる気取らない印象。
 夕食がかなり豪華で朝食はシンプル、というのも民宿のようです。

 DSC00961.jpg
 朝ご飯のお膳。

 DSC00962.jpg
 よくダシの効いたつゆに浸ったガンモと、ハムサラダ。

 DSC00963.jpg
 ほうれん草の胡麻おひたしと、大きな梅干し。
 梅干しというと和歌山が有名ですが、若狭地方も有名な梅の産地です。
 夕食の時に飲んで美味しさにびっくりした梅酒「梅丈」も、そんな美味しい梅から作られたのでしょう。

 DSC00964.jpg
 ヤナギカレイ(多分)に昆布の佃煮、そして魚肉ソーセージ。
 魚肉ソーセージが朝食に出てきたのは、もしかしたら初めてかもしれません。

 DSC00966.jpg
 ご飯に味噌汁、生卵、海苔。
 朝食のメニューは以上です。

 DSC00967.jpg
 味噌汁の具は油揚げとモヤシ。

 DSC00968.jpg
 カレイは固形燃料で炙っていただきます。

 DSC00969.jpg
 ついでに魚肉ソーセージも炙ったところ、いい感じで焼き目が付きました。

 昭和館さん、確かに口コミの通り料理が素晴らしいお宿でした。
 若狭地方は御食国とまで言われた、食材の宝庫。この周辺の料理自慢の宿に、あと何軒か行ってみたくなりました。


 基本データ
 名称:昭和館
 住所:福井県三方上中郡若狭町遊子2-3
 休業日:無休?
 電話:0770-47-1722



 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(福井)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント