昭和館 ③まさかこのお値段でこの魚が食べられるとは

 福井県若狭の旅館、「昭和館」さんの紹介です。
 昭和館さんのクチコミでも軒並み高い評価の、夕食について。

 一人10,000円そこそこのお宿で、夕食でこの料理はすごい! と素直に思いました。

 DSC00923.jpg
 夕食は泊まった部屋とは異なる個室へ。
 2人の宿泊なのに、テーブルの中央には舟盛りがどどーんとお出ましです。

 DSC00924.jpg
 その舟盛りの中でも、ひときわ目を引くこの大きな魚。

 DSC00926.jpg
 特徴的な体色からして間違いありません。幻の高級魚とも言われる、キジハタ(アコウ)です。
 大阪などでは「冬のクエ、夏のアコウ」とも呼ばれ、同じく高級魚であるクエと並び称させる

 DSC01696.jpg
 繰り返しですが、昭和館さんは一人10,000円そこそこのお宿で、今回泊まったのはスタンダードコースです。
 それでこの価格のキジハタが出てくるのは、破格としか言いようがありません。

 そのキジハタは弾力ある歯ごたえと甘さ、脂ののりも見事。本当に美味しい白身魚でした。

 DSC00928.jpg

 DSC00929.jpg

 DSC00931.jpg
 その他、お造りは甘エビ、カツオ、イカ、ヒラメ。
 鮮度も申し分ありませんし、これだけでもお腹が膨れるほどのボリュームでした。

 DSC00940.jpg
 そしてこれが旨かった。
 昭和館さんの近くにある山「梅丈岳」からとったと思われる、梅酒「梅丈」。梅の香りと良い風味で、甘さ、酸味、風味のバランスが良く、一気にファンになりました。

 DSC00935.jpg
 その他にも料理はもりだくさん。
 酢の物代わりのカニ、カレイの煮付け(これも味付けが絶品)。

 DSC00937.jpg
 イカのぬたと、梅そうめん。

 DSC00936.jpg
 唯一の肉料理は、豚バラとホタテの陶板焼きでした。

 DSC00944.jpg
 できあがったものがこちら。
 豚バラから溶け出した脂が、淡泊なホタテにも絡んで、甘辛の醤油ダレが良く合っています。

 DSC00943.jpg
 後出しで天ぷらも登場。
 味もボリュームも満足の、魚づくしの料理でした。

 DSC00946.jpg
 ご飯、お吸い物、漬物。
 漬物の沢庵は良いぬか漬けで、ひょっとすると自家製かもしれません?

 DSC00945.jpg
 デザートはブドウで、お腹いっぱい。

 いやまさか、この宿泊料金でキジハタが食べられるとは思いませんでした。
 他にも春にはアオリイカ、冬はカニなど様々な料理が食べられるお宿です。

 次回は、昭和館さんの朝食を紹介します。


 基本データ
 名称:昭和館
 住所:福井県三方上中郡若狭町遊子2-3
 休業日:無休?
 電話:0770-47-1722



 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(福井)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント