不動温泉 ②長時間の全身浴は注意です

 「不動温泉」さんの紹介です。

 京都市は左京区、北白川の山中超えの途中にあるお寺兼入浴施設。今回は浴室などを紹介します。

 IMG_4807.jpg
 まずは不動温泉さんのレトロな休憩所を1枚。
 この休憩所の机を一つ借り、枕や毛布を無料で貸し出してもらい、温泉水を沸かしたお茶を飲みながらまったりのんびり。
 たまにはお風呂へ行ったり、たまには昼寝をしたりというのが、不動温泉さんでの基本生活スタイルです。

 IMG_4806.jpg
 駐車場は、不動温泉さんの建物の下。
 バスの停留所があるので、バスの進路を邪魔しない位置に停められます。

 IMG_4791.jpg
 不動温泉さんの浴室は、休憩所から少し奥まったところにあります。
 最初は分かりにくいので、女将さんの説明を聞いた方がいいでしょう。訪れるのが初めてだと言えば、温泉の効用から入り方を含め、かなり懇切丁寧に教えてくれると思います。

 IMG_4792.jpg
 脱衣場の籠には鍵がかかるものはないので、貴重品は別途、貴重品入れへどうぞ。

 IMG_4801.jpg

 IMG_4802.jpg
 脱衣場近くには、不動温泉さんの歴史や、ラドン温泉の仕組みについて書かれた資料もあります。
 この温泉が見つかったのは1954年、50年以上の歴史があるとのこと。

 またラドン温泉は、弱い放射能が刺激となって新陳代謝が活発となる「ホルミシス効果」が期待されます。
 温泉に詳しい方には釈迦に説法でしょうが、他の温泉よりも一層、入浴以外の温泉の取り込み(飲泉や呼吸)が重要になってくるのが、ラドン温泉の特徴です。

 IMG_4794.jpg
 温泉のデータ
 源泉名:不動温泉
 泉質:単純放射能冷鉱泉
 源泉温度:11.2℃
 pH:7.5
 成分総計:1リットルあたり0.10g
 ラドン:30.8×10-10キュリー/kg(8.5マッヘ)
 お湯の印象:無色澄明無臭、浴感は普通、良く暖まる

 IMG_4803.jpg
 お湯の使い方(推測を含む)
 加温:有り
 循環:有り(加温掛け流し併用と思われる)
 消毒:有り(消毒臭はほぼ感知せず)

 IMG_4800.jpg
 不動温泉さんの浴室は、内湯一つ。
 ラドンは入浴とともに湯気を吸い込むことでも効果を発揮しますので、露天+ラドンでは効果が減じてしまいます。
 こちらは日帰り温泉でもありますが、湯治場としての性質も持つ浴場です。

 IMG_4798.jpg
 これまで書いてきた通りのラドン温泉、しかも密閉空間の内湯なので、効き目はかなり強烈です。
 長時間の全身浴は湯あたりの原因になりますので、半身浴でのんびり入るか、全身浴なら短時間の入浴の方がいいと思います。
 (逆に私の場合、わざと長めに全身浴をするときもあります。そうすると気だるくなって、昼寝するのにちょうどよかったりします)

 IMG_4797.jpg

 IMG_4799.jpg
 お風呂場にはシャンプー。リンス、ボディソープも完備。
 また、タオルも有料ですか買えますので、手ぶらで来ても大丈夫です。

 一風呂浴びた後は休憩所に戻り、またのんびり。気が向けばまた入浴。そうやって日がな一日のんびりと、浮世の垢を落とすように過ごすのが、不動温泉さんでのお勧めの過ごし方になります。

 IMG_4809.jpg

 IMG_4810.jpg
 

 基本データ
 名称:京都北白川 不動温泉
 住所:京都市左京区北白川地蔵谷1-244
 営業時間:午前10時~午後7時
 入浴料:大人1,200円+入湯税100円、子供600円
 休業日:毎週木曜日(不定休あり)
 電話:075-781-5480






 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(京都)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント