嵐山公園亀山地区 ②観光地「嵐山」で山登り!

 「嵐山公園亀山地区」の紹介、今回は展望台を中心に紹介します。

 IMG_9329.jpg
 「小倉百人一首文芸苑」を抜けると案内板がありました。

 IMG_9328.jpg
 こちらは「大河内山荘」方面へとむかう階段ですが、実はこちらの方向へ進んでも展望台へ行くことができます。

 IMG_9330.jpg
 今回はひとまず案内板通り「頂上展望台まで160m」の方向へ進んでみます。
 こちらは、石を組み合わせた階段が長い距離続いていました。一段一段の高さはそれほどないのですが、距離があるのでよい運動になりました。

 IMG_9336.jpg
 IMG_9337.jpg
 「嵐山公園亀山地区」の展望台です。ベンチがいくつか設置されていて、簡単な休憩ができるようになっています。

 IMG_9342.jpg
 展望台からの眺めです。下には桂川(大堰川)の雄大な眺め、時折「保津川下り」の舟が下っていくのが見えます。
 この景色からみるに、かなりの高さまでのぼってきたことがわかります。

 IMG_9344.jpg
 さらに奥へと進む道があったので、先に進んでみました。

 IMG_9345.jpg
 少しばかり角度が違う眺めのここは、展望台の少し先にある展望所から見た眺めです。
 桂川(大堰川)の向こう岸に見える建物は「星のや京都」さんです。こちらは専用の舟でチェックインするシステムになっていて、専用の船着き場も見えます。
 写真を拡大してもらうと、写真中央付近の山の中に建物が見えます。こちらは「大悲閣千光寺」、高い場所にありますが歩いて行ける御寺です。

 IMG_9349.jpg
 展望所からさらに進むと、「小倉山山頂」の表示がありました。
 足場もあまりよくなかったため奥には進まずに、なだらかな下り坂を道なりに進んでいくことにします。

 IMG_9352.jpg
 途中、あちこちに「小倉山再生プロジェクト」の看板が立てられていました。
 平成25年度(2013年度)に策定された事業計画に基づき、10箇年の予定で森づくりを進められているそうです。

 IMG_9353.jpg
 来た道を戻らずそのまま進んでいくと、長いくだり階段が続いていました。
 途中途中はかなり足場が悪いので、スニーカーなど歩きやすい靴がお勧めです。

 IMG_9356.jpg
 振り返ってみたら、かなりの段数の階段でした。

 IMG_9354.jpg
 階段を降りると、大きな池が目に入りました。
 見覚えがあると思ったら、トロッコ嵐山駅の前にある「御髪神社」横の池です。
 こんな場所に繋がっていたとは予想外。地図を確認せずにふらふらと歩いてみるのも面白いものです。

 IMG_9361.jpg
 トロッコ嵐山駅から「竹林の小径」方面へと進み、右手に「大河内山荘」左手に「竹林の小径」を見ながらまっすぐ歩くと、再び広い公園にでます。
 今回はこのまま入ってきた公園の入口に戻ることにし、写真左手の道を進みました。

 IMG_9365.jpg
 IMG_9366.jpg
 その途中にあったのは「角倉了以翁 銅像」です。
 「角倉了以」の名前は、京都を観光しているとあちこちで見かけます。戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した京都の豪商で、徳川幕府の重要諮問会議の一員として招かれていたとか。さらに、私財を投じて保津川・大堰川(両方とも桂川)を開削し、京都市内を流れる高瀬川も開削した治水の先駆者でもあります。
 以前紹介したことがある「立誠ガーデン ヒューリック京都」さんは高瀬川の真横に位置し、入口には角倉了以の胸像が飾られています。

 IMG_9368.jpg
 入ってきた公園の入口まで戻ると、ちょうど「保津川下り」の舟が到着したところでした。

 「嵐山公園亀山地区」、観光するなら「竹林の小径」も含めてくるりと一周するのが良さそうです。
 展望台まで行けば素晴らしい眺めを愉しむことができるので、時間があるようだったら、ぜひ足を伸ばしてほしい場所だと思います。


 基本データ
 名称:嵐山公園 亀山地区
 住所:京都市右京区嵯峨亀ノ尾町
 営業時間:24時間
 入園料:無料
 電話(京都府京都土木事務所)
 :075-701-0101
 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)観光・街歩き日記   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント