茶寮都路里(高台寺店) 上品なお茶の風味を愉しむことができるカフェ

 桜や紅葉で有名な豊臣秀吉と北政所ねねの御寺「高台寺」、その入口にあたる台所坂の目の前に店を構えていらっしゃる「茶寮都路里(高台寺店)」さんの紹介です。

 IMG_0312.jpg
 「茶寮都路里」さんは、宇治茶の専門店「祇園辻利」さんが1978年にオープンさせた喫茶中心のお店です。
 「辻利」の名に京の都の「都」、四条大路の「路」、茶の里(宇治)の「里」をあてて「都路里(つじり)」と名づけられたんだそう。

 IMG_0323.jpg
 こちらが「ねねの道」に面している入口です。
 「三面大黒天」や「掌美術館」の表示が目立っていて、提灯に書かれている「都路里」さんの店名は見落としがち。抹茶色をしたソフトクリーム型のサイン(模型)を目印にしてよいかもしれません。

 IMG_0321.jpg
 店舗外観です。都路里さんは「ねねの道」から入ってすぐ左手にあります。
 
 IMG_0313.jpg
 IMG_0320.jpg
 自動扉で仕切られた店内のイートインスペース(上の写真)と、外とビニールカーテンで仕切られたイートインスペース(下の写真)がありました。
 ちょうどティータイム真っ只中ということもあって、店内は満席。今回は、ビニールカーテンで仕切られたスペースにお邪魔しました。

 IMG_0308.jpg
 少しばかり寒さを感じていたら、店員さんからカイロのサービス。これは嬉しい。
 さらに近くには電気ストーブも置いてくださったので、意外に快適に過ごすことができました。

 IMG_0311.jpg
 IMG_0310.jpg
 メニューは、お抹茶、パフェ、あんみつ、ぜんざい、軽食(抹茶うどん・抹茶そば)など。
 いずれのメニューにも抹茶がふんだんに使われていて、抹茶好きにはたまらないラインナップです。

 DSC09159.jpg
 まず運ばれてきたのは、サービスのほうじ茶。
 ほうじ茶の温かさが身に沁みいり、ほっとひと息つくことができました。
 お願いすれば、おかわりもいただけます。 

 IMG_0314.jpg
 注文したのは、高台寺店の期間限定メニュー「よくばりソフト」1,210円(税込)、「ソフトも小豆もアイスもゼリーも全部食べたいお客様のご要望にお応えした」という、まさしくよくばりなメニューです。
 他の定番パフェは抹茶ソフトクリームではなく、抹茶ホイップクリームが使ってあるようなので、好みがわかれるところですね。

 IMG_0315.jpg
 小豆は最高級の大納言を使用。白玉は無添加の白玉粉を使って、毎日職人の手作りで茹であげられているそうで、もっちりとしています。
 抹茶ゼリーはまさしく抹茶をそのままとじこめた風味で、口の中に抹茶の良い香りがふわりと広がりました。

 DSC09162.jpg
 添えられているお菓子は、宇治抹茶を練りこんだロールせんべいの中にホワイトクリームが入った「ぎおんの里」という、祇園辻利さんの御菓子です(写真左下に写っています)。
 1袋(個包装21本入)756円(税込)で販売もされているので、手軽なお土産として購入することもしばしば。
 
 DSC09151.jpg
 こちらは、抹茶「壷中の昔」とお正月らしい紅白の和菓子のセット「福寿」1,177円(税込)です。
 「壷中の昔」は裏千家今日庵坐忘斎御家元より銘を受けられたそうで、御濃茶としていただくのがお勧めだとか。

 DSC09160.jpg
 和菓子を黒文字で割ってみると、中にはしっかりと抹茶が練りこんでありました。

 DSC09163.jpg
 DSC09164.jpg
 高台寺店さんでは、テイクアウトでドリンクやソフトクリームの販売も行われています。
 パフェにこだわらないのだったら、テイクアウトでも美味しいグリーンティーやほうじ茶をいただくことができそうです。

 DSC09161.jpg
 お土産としては、このような和洋折衷のひと品もありました。
 もちもちしたお餅で濃厚な抹茶チョコクリームを包み込んだという、季節限定の「抹茶もちショコラ(5個入)」1,080円(税込)です。
 抹茶好きとしては、機会があれば、ぜひ一度食べてみたいものです。

 「茶寮都路里(高台寺店)」さんは、2021年1月現在、新型コロナウィルスの影響で営業時間を短縮されています。
 訪れる際は、事前に公式ホームページにて営業時間をご確認ください。


 基本データ
 名称:茶寮都路里 高台寺店
 住所:京都市東山区下河原町530
 営業時間:午前11時~午後6時(LO午後5時)
      ※季節によって変更有
      ※新型コロナウィルス感染対策のため
       営業時間の変更有
      (詳細は公式ホームページ)
 定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
 電話:075-541-1228

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)食べ物日記(その他) 

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント