日本料理 落柿 ②この内容でこの価格は、ちょっと驚きです

 日本料理「落柿(らくし)」さんの紹介を続けます。
 前回はエントランスの紹介と、最初の膳の紹介でした。

 DSC03103.jpg
 その最初の膳がこちら。
 最初から前菜5品を含めて6皿がお膳の上に乗っていましたが、これはほんの前菜、先付けにすぎません。

 DSC03105.jpg
 お刺身は小さなポーションで6点盛り。
 場所がら、有明海にも大村湾にも、さらに東シナ海にも近いので、山の中と言えど鮮度は抜群です。

 DSC03106.jpg
 エビや山菜の天ぷらは、ダシをからめた状態になっていました。

 DSC03109.jpg
 多分これは別注だったと思いますが、鯛のあら煮。
 見て分かる通り大きく、4人でも十分な量です。
 そもそも他のメニューも、この時点であと半分残っているというボリューム感で、一つ一つは日本料理らしい美しい盛りつけながら、全体としてはパワフルなコースに仕上がっています。

 DSC03110.jpg
 蒸し物は巾着のように具が詰まった団子、椎茸、麩。

 DSC03111.jpg
 日本料理としてはなかなかの変わり鉢、海老のテルミドールの野菜添え。

 DSC03110.jpg
 こちらも海老の小椀物。
 九州の人は海老好きなのか、それともちょうど旬だったのか、海老を使った料理が多い印象を受けました。

 DSC03113.jpg
 ヅケにしたお寿司が3カン。

 DSC03114.jpg

 DSC03115.jpg
 牛ロースの網焼きと、生野菜サラダ。
 野菜が多く、(ボリュームを除けば)栄養バランスもかなり優れているコースだと思います。

 DSC03116.jpg
 ご飯に味噌汁、そして一口素麺。

 DSC03117.jpg
 ちょっとブレてしまいましたが、ゼリーに果物でコース終了。

 おそらく鯛のあら煮は別注ですが、それを除いても17品という品数豊かな料理の数々。
 見ての通り、お皿を含めて盛りつけも美しいですし、味についても全て美味しかったと自信を持って言えます。

 すごいのが価格で、これで確か3,000円+税。
 まちがいなく京都なら倍以上、首都圏なら3倍以上の価格が付くだけの値打ちのある料理です。


 基本データ
 名称:日本料理 落柿
 住所:佐賀県鹿島市能古見平谷
 営業時間:確認要(予約必須)
 電話:0954-64-2341



 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)食べ物日記(京都郊外)

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント