道の駅「神話の里 白うさぎ」(鳥取市) 歩道橋を渡ると広い海原が広がっています

 以前紹介した「白兎神社」のすぐ目の前にある道の駅「神話の里 白うさぎ」さんの紹介です。

 DSC05862.jpg
 場所は国道9号線沿い、道の駅の建物と海岸を結ぶ歩道橋が目印です。

 shirousagi.jpg
 うっかり建物の外観の撮影を忘れていたので、公式ホームページからお借りしました。
 駐車場は132台(内普通車116台)が停められる広い敷地となっています。

 DSC05848.jpg
 DSC05849.jpg
 1階には鳥取で有名な「すなば珈琲」さんや、お土産物がたくさん品揃えされています。
 「神話の里 白うさぎ」さんのずっと西に位置する境港市に「水木しげるロード」があります。それにちなんだ鬼太郎のお土産も並んでいました。

 DSC05850.jpg
 「大山乳業農業協同組合」さんが作っている、生乳をたっぷり70%使用した鳥取発のブランド「白バラコーヒー」が入った「カントリーマアム」や。

 DSC05854.jpg
 鮮度劣化が早いため遠方への出荷が難しく、地元でしか味わえないという「もさえび(クロザコエビ)」を使ったおせんべいもあります。

 DSC05853.jpg
 鳥取の名物、らっきょうもありました。
 味は「しそ」と珍しい「梨」、他にも「甘酢」や「ゆず」などもあるようです。

 DSC05855.jpg
 そして「すなば珈琲」さんのコーヒー豆、マグカップ、カップ&ソーサーなども販売されています。

 IMG_8420.jpg
 こちらは「すなば珈琲」さんの「コーヒーソフトクリーム」税込350円、今回はカップで注文しましたが、コーンも選べます。
 ボリュームは350円とは思えないほどたっぷり。ソフトクリームはほどよい甘さで、美味しいコーヒーの風味がしっかりとしていて大満足です。
 近くにあったら、間違いなくリピーターになると思います。

 DSC05857.jpg
 2階へあがると、レストラン「おさかなダイニング ぎんりん」さんがあがります。

 DSC05858.jpg
 メニューは魚料理を中心に、天ぷらや大山鶏を使った唐揚げもあります。
 お値段的には少しお高めですが、写真を見る限りボリュームもかなりありそうです。

 DSC05863.jpg
 2階のテラスから出ると、すぐ近くに「白兎神社」が見えました。

 DSC05867.jpg
 歩道橋の上から撮影した「白兎海岸」です。
 訪れた日は気持ち良く晴れていて、青空と海の深い青のコントラストが抜群でした。

 DSC05869.jpg
 海に浮かんでいる岩には鳥居が建てられています。
 「因幡の白兎」が流されたという「淤岐ノ島(おきのしま)」です。

 DSC05856.jpg
 神話によると、この島から陸地へと戻るために、白うさぎはワニ(サメ)をだましたといわれています。

 広大な海原を楽しむことができる道の駅「神話の里 白うさぎ」さん。
 見ているだけでも、砂浜に降りて波打ち際で遊びたくなってしまいます。浜辺で遊びたい方は、ぜひビーチサンダルを持っていくことをお勧めします。

 なお現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業時間が短縮されているようです。詳しくは、公式ホームページにてご確認ください。


 基本データ
 名称:道の駅 神話の里 白うさぎ
 住所:鳥取県鳥取市白兎613
 レストラン営業時間:
 (平日) 午前11時~午後5時
 (土日祝)午前11時~午後10時
 カフェ営業時間:午前9時~午後9時
 売店:
 (下記以外)午前9時~午後7時
 (12/3~2/28)午前8時半~午後6時
 休憩所:24時間
 ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため
  営業時間が短縮されている可能性があります
 電話:0857-59-6700

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)観光・街歩き日記   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント