北野天満宮(京都市上京区) ②「御手洗川足つけ燈明神事」は16日(日)まで

 「北野天満宮」の紹介、今回は「御手洗川足つけ燈明神事」の様子を紹介します。
 前半の8日(土)~10(月・祝)は終了しており、後半が14日(金)~16日(日)午前9時~午後8時(午後7時40分受付終了)に開催される予定でしたが、問い合わせが多かったらしく、急遽「足つけ」が11日(火)~13日(木)も開催されることになったようです。
 なお、11日(火)~13日(木)は当初日程の時間と異なり、午前10時~午後3時となっていますので、ご注意ください。

 IMG_7876.jpg
 受付は、三光門の手前、左手に進んだ場所にあります。
 体温を測定した後に、初穂料(御手洗ろうそく付)300円をおさめ、灯りをともすろうそくを受け取ります。

 DSC05133.jpg
 DSC05134.jpg
 こちらが、その「御手洗ろうそく」です。
 色が5色あり、それぞれ意味が異なるそうですので、自分が必要だと思う色を選ぶことができます。

 IMG_7892.jpg
 受付のテントの後ろに毛氈が敷いてある縁台と簀の子がありますので、この場所で履物や靴下を脱いで準備します。靴はこの場所に置いたままでも大丈夫です。
 足を水につけますので、それをぬぐうための紙(キッチンペーパー?)もしっかりと準備されていました。

 IMG_7877.jpg
 素足になってから階段を下りると、目の前が御手洗川です。
 ホースから水が供給されていて、水はかなり冷たく感じました。暑い日でしたので、とても気持ち良かったです。

 DSC05139.jpg
 階段を降りて左手には、紙垂で囲まれた先に水が湧き出ていました。
 こちらでは「水占みくじ」を浮かべて占いをすることができるようです。

 IMG_7880.jpg
 DSC05142.jpg
 右手の方に進むと橋の少し先まで川が続いています。

 DSC05140.jpg
 所々にある岩のくぼみには、ろうそくの灯り(浄火)がともされており、こちらで自分が手にしているろうそくに火を戴くことができるようになっていました。
 14日(金)~16日(日)は、陽が暮れる午後19時40分頃まで受け付けされています。薄暗くなった川の両岸にろうそくの炎がともされる様子は、さぞかし幻想的になりそうですね。できれば、一度夜にも訪れてみたいものです。
 手元のろうそくに早めに火をともしてしまうと、川を歩いている途中で蝋が落ちてきそうだったので、岸にあがる直前に火をともすことにします。

 IMG_7883.jpg
 橋の少し先で、川は行き止まりになっていました。ここで折り返して、元の場所まで戻ります。

 IMG_7885.jpg
 橋の下から入口方向を撮影してみました。
 この日は訪れた人も少なくて、両岸が濃い緑に包まれた中で、のんびりと冷たい水を堪能することができました。

 IMG_7887.jpg
 元の場所に戻るとろうそくを立てる場所(御神前)があるので、そっとろうそくを献燈します。
 数が少ないのが少し残念ですが、このような状況下ですので、いつもより訪れる人も少ないようです。

 IMG_7890.jpg
 IMG_7889.jpg
 紅梅殿の前の庭園も七夕飾りで彩られ、いつもより華やいだ雰囲気になっていました。

 IMG_7893.jpg
 こちらは先ほど下をくぐった橋です。もちろん、この橋の上は渡ることができますので、七夕の雰囲気を味わいながら、のんびりと境内を散策してみるのも良いと思います。

 なお、今年は新型コロナウィルス感染対策として、例年よりも少し導線が短くなっているようです。
 詳しくは、北野天満宮の境内のところどころに設置してある案内看板をご確認ください。

 梅雨が明け、京都も一気に暑くなりました。涼みがてら、御手洗川に入って清らかな水で邪気を祓ってみてはいかがでしょうか。


 基本データ
 名称:北野天満宮
 住所:京都市上京区馬喰町
 拝観時間
  (4月~9月)午前5時~午後6時
  (10月~3月)午前5時半~午後5時半
  ※毎月25日は日没~午後9時までライトアップ
 拝観料:境内自由
     ※「梅苑」公開時は「梅苑」への入場料必要
     ※「御土居」公開時は「御土居」への入場料必要
 お守り授与時間:午前9時~午後5時
 祈祷受付時間:午前9時~午後4時半
 電話: 075-461-0005

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(2)寺社・仏閣日記    

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント

  • モノノフ

    北野白梅町でしばらく友達の下宿に世話になったことが有りまして、大鳥居前のとようけ屋山本さんではよく豆腐を買いましたねぇ♪
    2020年08月16日 11:13
  • ウィロー

    とようけ屋さん、私も好きです。
    美味しい冷や奴か湯豆腐を食べたければ、候補に挙がりますね。
    そういえば、屋号の由来は豊受大神かららしいです。
    2020年08月17日 21:01