すみや亀峰菴 ①湯の花温泉の高級旅館は、最初から特別な時間

 「すみや亀峰菴(きほうあん)」さんの紹介です。

 今回は珍しく高級宿の紹介となります。
 ちょっとした事情で宿泊することになったのですが、普段ではなかなか行けないお宿(プランや日にちにもよりますが、二食付きなら一人最低2.5万円はします)。せっかくですので、長編の記事で紹介したいと思います。

 DSC03893.jpg

 DSC03892.jpg
 京都市中から小一時間で着く、京都の奥座敷「湯の花温泉」。
 数軒の宿が並ぶ静かな温泉地の中でも、おそらくトップクラスの高級旅館さんがこちらです。
 エントランスは森の中に佇む甍、といった風情。

 DSC03925.jpg

 DSC03983.jpg
 館内は陰翳豊かなつくりで、まさに大人のためのお宿。
 調度類の目利きなどできませんが、良いものだろうと言うのは分かります。

 DSC03898.jpg
 チェックインはどこで行うのかと思ったら、館内にある図書室「徒然文庫」で行うそうです。

 DSC03894.jpg

 DSC03895.jpg
 こちらも落ち着いた作りで、本を片手にゆっくりとした時間を過ごすのも良さそうです。
 (ただ、並んでいる本は見た目重視で、実際に手に取って軽く読みたい本が少なかったように感じたのが少し残念)

 DSC03901.jpg

 DSC03908.jpg
 チェックインとウェルカムドリンクのサービスは、大きく取られた窓の前で。
 外は新緑、素晴らしい眺めでした。

 DSC03906.jpg
 黒豆で有名な丹波・亀岡らしく、ウェルカムドリンクは黒豆茶、お茶菓子は黒豆。
 この黒豆がとても大粒で風味も良く、一粒で良いものだと分かりました。

 DSC03984.jpg
 さて、部屋の紹介の前に館内を少し散策。
 こちらはお土産どころ。先ほどの黒豆も、ここで売られていました。

 DSC03986.jpg

 DSC03985.jpg
 玄関を入ってすぐのロビー部分。
 調度品のセンスが良く、こちらで本を読んだり作業をしたりするのも良い時間が過ごせそうです。
 (ロビーやライブラリはWiFi使用可)

 DSC03992.jpg
 国の天然記念物、菫青石仮晶(通称:桜石)もありました。
 ただこの桜石、あまり人通りのない場所にぽつんとおいてあったことが気がかり。
 亀岡が日本に誇れる希少な石なのですから、それこそ徒然文庫にでも置いて見てもらった方がいいのに、とも思いました。


 基本データ
 名称:すみや亀峰菴
 住所:京都府亀岡市ひえ田野町湯の花温泉
 休業日:無休
 電話:0771-22-7722


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(京都)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント