川湯温泉 みどりや ⑤朝食はビュッフェ、色々ありました。

 「川湯温泉 みどりや」さんの紹介、最後は朝食ビュッフェとなります。

 なお夕食同様、現在は新型コロナの影響でビュッフェは小鉢やスタッフ取り分け(もしくは手袋を付けての取り分け)になっているとのことでした。

 DSC05955.jpg
 朝食会場は夕食会場と同じ場所です。
 夕食の時はお客さんが多すぎて、とても写真が撮れる状況ではなかったので、朝食時の写真です。

 DSC05965.jpg

 DSC05966.jpg
 サラダは夕食と同じものでした。
 定番のドレッシングに混じって、「だいだいドレッシング」とご当地物があるのが旅の楽しみ。

 DSC05956.jpg
 フルーツはグレープフルーツ、パイナップル、フルーツポンチ、ヨーグルトなど。

 DSC05961.jpg
 まずは和食エリアから。
 紅白なます、ほうれん草の和え物、ひじき煮、大根おろしとシラス、高野豆腐。
 大根おろしは和食には万能なので、できればビュッフェのお宿には常備してもらいたいと思っています。

 DSC05962.jpg
 ハムにかまぼこ、納豆、温泉卵。

 DSC05963.jpg
 温泉湯豆腐は夕食と共通メニューでした。

 DSC05964.jpg
 スクランブルエッグ、鮭の塩焼き、アジの開き。

 DSC05964.jpg

 DSC05959.jpg
 だし巻き卵にウィンナー、ベーコンなど洋食メニューもあります。
 パンも3種類。ただ、どちらかと言えば和食中心の朝食ビュッフェとなっていました。

 DSC05967.jpg
 これはご当地料理の「茶がゆ」。
 奈良県、和歌山県南部などで食べられます。読んで字のごとく、焙じ茶でのおかゆです。

 DSC05957.jpg

 DSC05958.jpg
 飲み物は定番のコーヒー紅茶、牛乳にトマトジュース。
 そしてオレンジジュースと来るところに夏みかんジュースや梅ジュースがあるなど、こちらもご当地色がきちんと盛り込まれています。

 DSC05970.jpg
 ということで、和食中心に色々取ってきました。

 みどりやさん、場所がらアクセスは良くありませんが、川原から湧きでる露天は一浴の価値ありです。
 冬の仙人風呂が有名ですが、それ以外の季節もオススメできるお宿でした。


 基本データ
 名称:川湯温泉 みどりや
 住所:和歌山県田辺市本宮町川湯13
 休業日:無休?
 電話:0735-42-1011


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(和歌山)  

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント