湯田中温泉 まるか旅館 ①懐かしい、昔ながらの日本旅館

 「まるか旅館」さんの紹介です。
 信州湯田中温泉にある純和風旅館で、今回は一人旅、朝食付きでお邪魔しました。

 DSC08622.jpg
 下高井郡にある湯田中温泉は、どちらかといえば静かな印象の温泉地。
 お湯はシンプルながら熱く、特に「大湯」の激熱は特筆ものです。

DSC08617.jpg
 まるか旅館さんの外観。
 正しく和風旅館で、前庭には四季折々の花が咲くそうです。お邪魔した時は桜の季節でしたが、前庭の低木はおそらくツツジだと思いますので、5~6月にも綺麗な花が満開になるのでしょう。

 DSC08619.jpg

 DSC08620.jpg
 湯田中温泉の町中には桜が多いイメージでした。
 旅館から近くにある梅翁寺というところには、見事なしだれ桜と「延命湯けぶり地蔵」という、足湯に浸かっているかわいらしいお地蔵様の石像もあります。

 DSC08674.jpg
 玄関にも花がたくさん生けられていました。

 DSC08760.jpg

 DSC08763.jpg
 内装はこれぞ昔懐かしい、純和風旅館。
 豪華で充実した設備を求める方には向きませんが、静かなお宿でのんびり暮らしたい方、気ままな一人旅にはもってこいだと思います。朝食付きで7,000円以下、2食付けても10,000円くらいというお財布に優しいお値段も嬉しいところ。

 DSC08752.jpg

 DSC08754.jpg
 お部屋は8畳+広縁。
 お布団が最初から敷いてあるのも、一人旅には嬉しいサービスです。自分で敷くのは別に構わないのですが、一人旅で敷いてもらうのはどうしても申し訳なく思ってしまいます。

 DSC08757.jpg

 DSC08759.jpg
 客室からも桜が見え、見下ろせば池には鯉が泳いでいました。
 こういう雰囲気、大好きです。

 次回の記事は温泉、その次で朝食を紹介します。


 基本データ
 名称:まるか旅館
 住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏3109
 休業日:無し?
 電話:0269-33-3515


 「まるか旅館」さんの紹介です。
 湯田中温泉の中心部近くにある、昔ながらの閑静な日本旅館。

 この時は一泊朝食付きでお邪魔したのですが、一人旅でも7,000円弱とお財布に優しい宿。
 それでいて、湯田中温泉「大湯」にも無料で入れますので、温泉旅には良い宿だと思います。

 DSC08622.jpg
 湯田中温泉は長野県下高井郡。
 渋温泉と隣接しており、少し歩きますが徒歩で行き来もできる温泉地です。

 DSC08617.jpg
 まるか旅館さんはその湯田中温泉にあるお宿の一つ。
 前庭には四季折々の花が咲いています。お邪魔した時は、桜がそろそろ終わりかけた季節でした。
 前庭の低木はツツジだと思いますので、5~6月になれば満開になるのかもしれません。

 DSC08619.jpg

 DSC08620.jpg
 まるか旅館さんだけではなく、湯田中温泉には桜が多かったイメージがあります。
 旅館からすぐのところにある梅翁寺というお寺には、名所の一つ「延命湯けぶり地蔵」という、足湯に浸かったかわいらしいお地蔵様がいらっしゃいます。

 DSC08674.jpg
 まるか旅館さんの玄関。

 DSC08760.jpg

 DSC08763.jpg
 内装は懐かしい日本旅館そのまま。掃除はもちろんちゃんとされています。
 充実した設備を求める方向けではありませんが、気ままな一人旅にはむしろこちらの方が楽というもの。
 のんびりするには最高の、静かな純和風旅館です。

 DSC08752.jpg

 DSC08754.jpg
 お部屋は8畳+広縁で、最初から布団が敷いてありました。
 これも、個人的には嬉しいサービスです。自分で敷くのは別に構わないのですが、気ままな一人旅で食事の後に布団を敷いてもらうというのは何となく申し訳ない気持ちになってしまいます。

 DSC08757.jpg

 DSC08759.jpg
 客室の窓からも桜が見え、見下ろせば池には鯉が泳いでいて。
 気軽な旅にはもったいないくらいのお宿です。

 こんかい



 基本データ
 名称:まるか旅館
 住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏3109
 休業日:無し?
 電話:0269-33-3515


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(長野)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント