イエノ家(烏丸五条) ③夕飯はデパ地下惣菜、そして食後のデザートとその場で挽くコーヒー

 「イエノ家」さんの紹介、最後は1階のキッチンカウンター周りを紹介します。

 DSC06856.jpg
 イエノ家さんでは夕食の提供はありませんが、簡単な調理器具やカラトリーが揃っています。

 DSC06858.jpg
 こちらは「バルミューダ」の電子レンジ、名前だけは知っていましたが、温めている間の音が楽しい。ちょっとびっくりしました。

 DSC06861.jpg
 IHクッキングヒーターにフライパン、鍋もあるので、簡単なものだったら作れます。
 ただし、塩・砂糖・醤油などの調味料はいっさいないので、必要な場合は持参しましょう。

 DSC06860.jpg
 DSC06862.jpg
 電子レンジの横には、包丁、おたま、しゃもじ、キッチンはさみ、計量スプーン(?)、スプーン、フォーク、お箸。
 上のスペースには、お皿やコップなどもあります。これだけあれば十分。

 DSC06865.jpg
 何より嬉しかったのが、無料で挽きたてのコーヒーを飲めることです。
 手動式ではありますが、コーヒーミルも準備されていますので、豆を入れてゴリゴリとハンドルを回すのも楽しいもの。
 電子ケトルも「バルミューダ」の製品でした。お湯の注ぎ口が細いので、コーヒーを炒れるのにぴったり。
 
 DSC06932.jpg
 夕食は、ちょっと足をのばして京都駅にある京都伊勢丹のデパ地下でいろいろと買いこんでみました。
 赤い箱は「551蓬莱」さんの焼売と焼き餃子、お惣菜は「いとはん」さんの詰め合わせです。

 DSC06942.jpg
 お皿に盛りつけるとこんな感じ、なかなか美味しそうです。

 DSC06948.jpg
 こちらは同じくデパ地下惣菜、「美濃吉」さんの出汁巻きたまご。
 なお、写っているおちょこは自前で持ってきました。

 DSC06934.jpg
 おちょこ持参は、もちろん日本酒をいただくためです。
 左から、デパ地下で購入した、菊水さんの「無冠帝」、スプリング日吉の里の市さんで思わず手にとった「丹波ワイン ナイヤガラスパークリング」、家の近くのリカーショップで見つけた吉乃川さんの「冷や生 吉乃川」。
 カウンターの下には、小さいながらも冷蔵庫と冷凍庫がありますので、きちんと冷やすこともできます。
 
 DSC06954.jpg
 デザートには、ピーカンナッツチョコレートで有名な「サロンド ロワイヤル」さんのお菓子を準備。ほろりとした食感の「京ほろろ 桜」と「ブルーベリーチョコ」、いずれも嵐山にあるショップで購入してきました。
 確か季節限定商品だったと記憶しているので、現在は取り扱いがない可能性もあります。

 DSC06955.jpg
 もう一品、地下鉄京都駅北改札口のすぐ横にある、焼きたてチーズタルト専門店「ベイク チーズタルト」さんの「チーズタルト」。
 いずれも美味しくいただきました。

 DSC06857.jpg
 流し台があるので、もちろん使ったお皿やコップはきちんと洗っておきます。

 DSC06912.jpg
 これだけ食べたり飲んだりしていると気になるのはトイレですね。
 前回2階にひとつあることを紹介しましたが、きちんと1階にももうひとつ準備されていますのでご安心を。

 これまでの紹介の中で、普通の宿泊施設だとあるものが、こちらのイエノ家さんでは出てきていないことにお気づきでしょうか。
 「テレビ」です。居間にも寝室にも、「テレビ」は準備されていません。
 正直なところ、家族や仲間とわいわいと過ごすことを考えると、「テレビは必要ないな」という印象でした。

 豪勢な京町屋1軒貸しの「イエノ家」さん、最大6人まで人数が増えるほどお得に宿泊できます。
 家族で、またはグループで京都旅行に訪れる時は、気兼ねなく過ごせるお勧めのお宿です。
 ただし、周りは一般の民家ですので、騒音にだけはお気をつけください。


 基本データ
 名称:きょうの家 イエノ家(や)
 住所:京都市下京区高倉通松原下る西入福田寺町49-1
 チェックイン:午後3時~午後8時
 チェックアウト:午前10時
 電話:075-606-5327

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(京都)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント