湯の花温泉 渓山閣 回数券がお得!

 「渓山閣」さんの紹介です。
 京都市のお隣、亀岡市にある別名「京都の奥座敷」、湯の花温泉にあるお宿の一つ。
 もちろん宿泊メインですが、日帰り温泉も積極的に受け付けているところです。

 DSC07983.jpg

 DSC07952.jpg
 フロントは豪華な中にも落ち着いた雰囲気で、さすがは旅館といった風情。
 ちなみに一泊のお値段は1万円後半と、場所柄少々お高めです(湯の花温泉にはもっとお高い宿もありますが)。

 DSC07953.jpg
 もちろん脱衣場も、ひげそりやクシ、化粧品などは完備しています。
 日帰り入浴の場合はフロントでその旨を申し出、お金を払って入浴券とビニール袋をもらいました。
 入浴券は浴場の前にいる係員さんに渡し、ビニール袋の中に靴を入れて脱衣場まで持ち込むのがこちらの決まりとなっています。

 なおフロントから浴場までの道順は、初めての方には難易度高めです。素直にフロントに尋ねましょう。

 DSC07979.jpg
 源泉名:湯の花温泉 第3源泉
 泉質:単純弱放射能温泉
 源泉温度:38.5℃
 pH:7.1
 成分総計:1リットルあたり2.92g
 ラドン:41.6×10-10キュリー/kg(11.4マッヘ)
 お湯の印象:無色澄明無臭、浴感は普通

 お湯の使い方
 加温:有り
 循環:有り
 消毒:有り

 DSC07973.jpg
 内湯の主浴槽は一部ジェット付き。
 美しく整えられた庭を見ながらの湯浴みは、何よりも贅沢なひとときです。

 DSC07977.jpg

 DSC07976.jpg
 サウナもあります(ただし、確かサウナは正午からのスタートのはず)。
 こちらは旅館のサウナらしく温度低め、水風呂は暖かめ。サウナにはTVが付いていません。

 DSC07963.jpg
 一方こちらは露天風呂。見ての通りの、日本旅館ならではの佇まいです。

 DSC07961.jpg
 バイブラ付きの寝湯が庭に面しているあたり、庭への自身が見て取れます。広がる景観はないのですが、限られたスペースを上手く使ったとても旅館らしい庭です。

 DSC07956.jpg
 これは脱衣場から露天に行く通路。
 脱衣場から見える中庭と通路が、簾で仕切られている独特の構造をしていました。

 DSC07969.jpg
 洗い場ももちろん、個別に仕切られています。
 ピーリングジェルや角質落としなどのアメニティ類も充実。

 DSC07970.jpg
 馬油や柿渋のシャンプーセットは良く見るものですが・・・

 DSC07972.jpg
 「花蜜精 みつばちハニー」のシリーズは、あまり他で見かけないアメニティだと思います。

 そうそう、こちらは旅館には珍しく、日帰り温泉の回数券があります。
 10枚綴り7,000円で、平日も土日祝日も使えるという太っ腹な設定。近くの方なら通う価値あり、だと思います。
 (我が家には常備してあります)


 基本データ
 名称:渓山閣
 住所:亀岡市ひえ田野町佐伯下峠20−6
 営業時間:午前11時~午後8時
 入浴料:平日800円 土日祝日1,000円
 休業日:日帰り温泉は不定休あり
 電話:0771-22-0250


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(京都)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント