伊都きんぐ(博多駅新幹線改札内) あまおう苺入りどら焼きと九州土産

 博多駅を歩いていると時々目に入る大きな苺のどら焼き、福岡県産あまおう苺入りどら焼き「どらきんぐ」を製造販売している「伊都きんぐ」さんの紹介です。

 IMG_5958.jpg
 IMG_5956.jpg
 公式ホームページによると、博多駅構内にある店舗は「博多マイング店」「博多いっぴん通り店」「博多阪急店」の3店舗ですが、今回は新幹線改札内にある「博多銘品蔵」さんに出店しているのを見かけて立ち寄りました。
 工場があるのは福岡県最西部に位置する糸島市。写真にある通り、「どらきんぐ生」は毎日糸島の工場から届いているようです。

 IMG_5975.jpg
 IMG_5976.jpg
 IMG_5977.jpg
 いただいたパンフレットに載っていた商品ラインナップです。
 新幹線改札内では「どらきんぐ生」しかないようですが、その他に店舗では、あまおう苺を使ったわらび餅や杏仁豆腐、パンナコッタや焼き菓子などもあるようですので、次回はチャレンジしてみたいと思います。
 今回購入した「どらきんぐ生」はクリームが抹茶や塩バニラを使っているものもありますが、初めてだったのでオードソックスなものをチョイス。

 IMG_5961.jpg
 「1個から注文どうぞ」ということだったので、遠慮なくひとつだけ購入しました。
 価格はひとつ459円(税込)、あまおう苺をひとつまるまる使ってあるので、ちょっとお高めです。
 賞味期間は1日だけなので、さっそくいただきます。

 IMG_5962.jpg
 フィルムをはがすと、どら焼きはしっとりとした触感の生地でした。
 周りはぴたりと閉じられていて、クリームが外にもれることは少なさそうです。

 IMG_5964.jpg
 ガブリと何口か噛みつくと、まるごとの苺と餡子、クリームが見えてきました。

 IMG_5965.jpg
 あまおう苺はみずみずしく、感じる酸味が餡子とクリームの甘さにぴったりと合います。
 生地は「ふわふわ系」ではなく「もちもちしっとり系」、ふわりとしたどら焼きを想像していたので、思いがけない食感にちょっとびっくり。これはこれで美味しいと思います。

 こちらの「どらきんぐ生」は、11月中旬から5月下旬までの期間限定販売。
 賞味期間が1日だけのため、残念ながら通信販売とかはなさそうです。食べたい方は福岡まで出向くしかありません。
 あまおう苺がまるごと入った豪華などら焼き、福岡に立ち寄った時にはぜひ探してみてはいかがでしょうか。

 最後に、今回買ってきた九州土産を少し紹介します。
 IMG_5968.jpg
 まずはこちら、熊本市のかどの駄菓子屋「フジバンビ」さんの「黒糖ドーナツ棒」です。20本入で800円(税込)なので、数が必要な時に重宝します。
 外側はサクサクしていて中はしっとりめ、沖縄産黒糖の甘さがやさしい、昔懐かしい駄菓子という感じのお菓子です。
 お土産として大人気のひと品、今回も大喜びされました(食べ足りなくて、すぐに自分で注文したという強者も)。
 博多駅では、博多阪急さんの地下1階にある銘菓銘品コーナーなどで購入することができます。

 IMG_5969.jpg
 銘菓「筑紫もち」で有名な筑紫菓匠「如水庵」さんの「博多ひとしな」です。
 ふわりとした口どけのダックワーズに、希少な大豆タマホマレを使用した黄な粉クリームがはさんであります。甘い物が苦手な人でも「美味しい」と応える人が多いひと品です。
 8個入1,296円(税込)と多少お高めですが、パッケージも落ち着いた雰囲気で贈り物にはぴったりだと思います。

 IMG_5981.jpg
 左のクリーム色のお菓子が「博多ひとしな」、左のお菓子が「黒糖ドーナツ棒」です。両方とも中央でカットしています。
 こちらのふた品はどちらもネットで注文できますので、興味がある方はぜひ取り寄せてみてください。








 基本データ
 名称:福岡県産あまおう苺加工販売所
    伊都きんぐ
    博多銘品蔵 新幹線博多駅店
 住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1
    JR博多駅新幹線改札内
 営業時間(博多銘品蔵)
  :午前6時45分~午後9時15分
 休業日(博多銘品蔵):なし
 電話(博多銘品蔵)
  :092-431-1311

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)食べ物日記(京都郊外)

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント