るり渓温泉④ こぶし荘 夕食は会席料理です

 るり渓温泉さんの紹介、今回は宿泊しましたので夕食です。
 いつもはこちらに来ると、価格がお手頃なこともあり「地鶏のすき鍋」にすることが多いのですが、今回は季節会席にしてみました。
 その内容の紹介になります。

 DSC08756.jpg
 こぶし荘さんの夕食は部屋食、朝食は会場食となります。
 今回は季節の会席、最初の膳はこんな感じでした。右下は食前酒の梅酒と、先付けの生湯葉キャビアのせ。

 DSC08762.jpg
 前菜はなかなか豪華でした。
 右から時計回りに、蒸し海老の寿司、沢蟹の唐揚げ、蛸のうま煮と稚鮎の南蛮漬け。
 その上が海老のけんちん焼きと、ひすい豆腐の雲丹のせです。

 DSC08761.jpg
 お造りは鰹に間八、イカ。

 DSC08766.jpg
 日本酒は広島の「亀齢」。冷やから燗までいける、バランスの良い食中酒だと思います。
 普通ならとっくりで来るところが、酒器もなかなか凝っています。

 DSC08768.jpg
 椀物は澄まし仕立て。
 アイナメでも来るかと思ったのですが、これは貝の真丈のようです。

 DSC08769.jpg

 DSC08774.jpg
 焼き物は大アサリ。潮の風味が強く美味しかったです。

 DSC08771.jpg
 鍋物は京都ポークと野菜一式。

 DSC08776.jpg

 DSC08778.jpg
 煮えたところを、紅葉おろし+ポン酢でいただきます。

 DSC08781.jpg
 創作会席というだけあって、なかなか凝った料理も出てきます。
 こちらは揚げ物で、サーモンに道明寺粉を付けて揚げたものでした。

 DSC08782.jpg
 ご飯ものにはゆかりじゃこをかけて。
 吸い物は赤だし仕立てで、中は魚を練り込んだ素麺でした。

 DSC08790.jpg
 デザートには焙じ茶と「抹茶餅クリームトロワ」なるもの。

 DSC08793.jpg
 スイーツにはまったく詳しくありませんが、名前と中身を察するに抹茶餅と餡子、クリームの3層構造のお菓子といったところでしょうか。
 見た目通りもちもちの食感で、これはなかなか人気がでるのではないかと思います。


 基本データ
 名称:るり渓温泉 こぶし荘花あかり
 住所:京都府南丹市園部町大河内広谷1-8
 休業日:無休(臨時休業は電話確認)
 電話:0771-65-5001


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:30 Comment(0)湯煙日記(京都)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント