南紀白浜オリーブ&ジェラート工房(和歌山県白浜町) 三段壁の近くにあるジェラート屋さん

 和歌山県白浜町の観光名所のひとつ「三段壁」からほど近い場所にある、「南紀白浜オリーブ&ジェラート工房」さんの紹介です。

 DSC01804.jpg
 白浜町の中心部から向かった場合、信号のある三段壁交差点にこちらの立て看板が出ています。
 
 IMG_5786.jpg
 三段壁交差点を左折すると100m少し先に、ひとめでわかる大きな看板がかかっていました。
 写真ではわかりづらいですが、看板の下の窓ガラスに「敷地内に三台駐車出来る様ご協力お願い致します」と書かれています。

 IMG_5787.jpg
 「店舗は奥の建物です」と書かれていたので奥の方に視線を向けると、一般のお宅かと思ってしまうような建物が建っていました。

 IMG_5788.jpg
 IMG_5805.jpg
 入口も個人宅ぽかったのですが、「OPEN」の看板に勇気づけられながらおそるおそる入口に近づいてみると、中から店員さんが明るく声をかけてくれたので、安心して入ることができました。

 IMG_5789.jpg
 店内に入るとすぐにジェラートのショーケースがありました。
 訪れた日は、「milk milk milk」「煎茶ほうじ茶」「オリーブ」「レアチーズケーキ」「なると金時」「温州みかん」「キウイヨーグルト」が並んでいました。
 写真ではちょっとわかりづらいですが、ダブルが税込450円、トリプルが税込500円(シングルは確認もれ)です。

 IMG_5803.jpg
 IMG_5790.jpg
 注文したあと、すぐ隣のスペースに広いイートインコーナーがあることを教えてもらいました。テラス席もありますので、天気の良い日はテラスもいいですね。

 IMG_5792.jpg
 1人で座れるカウンター席もあるので、混んでいる時に1人で来店しても気兼ねしなくてすみそうです。

 IMG_5800.jpg
 IMG_5799.jpg
 注文したのは、「milk milk milk」と「温州みかん」のダブルと水出しアイスコーヒーです。
 水出しアイスコーヒーは苦み・雑味が少なめ、ガフガブ飲めるタイプのアイスコーヒーです。
 ジェラートは・・・すみません、半分以上食べてから写真撮っていないことに気づいて、慌てて1枚撮りました。
 後から、なかなか見ない「オリーブ」を加えたトリプルにすれば良かったとちょっと後悔。

 IMG_5797.jpg
 「温州みかん」のジェラートのアップです。
 ミルクも温州みかんもサッパリとしていて、温州みかんは酸味も感じました。甘すぎるアイスが苦手な人にもお勧めできるタイプだと思います。
 個人的にとても美味しくいただきました。

 IMG_5806.jpg
 温州みかんのジェラートは他のお店で見るみかん系のジェラートより色が薄いなと思ったのですが、それもそのはず、「南紀白浜オリーブ&ジェラート工房」さんのジェラートは、香料・着色料などを使用されていないそうです。
 持ち帰りや発送もできるということですので、気になる方は公式ホームページを見てください。

 白浜町の観光名所「三段壁」のすぐ近くにある「南紀白浜オリーブ&ジェラート工房」さん、三段壁に行かれる方はぜひほんの数分足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。
 特に日差しが強い時期、三段壁を見学した後にホッとひと息つくのにお勧めだと思います。



 基本データ
 名称:南紀白浜オリーブ&ジェラート工房
 住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2927−2183
 営業時間:午前11時(10時?)~午後5時
 休業日:不定休
 電話:0739-42-3808


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(2)食べ物日記(京都郊外)

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント

  • モノノフ

    はいはい、この店は白浜では私も毎回必ず訪れてますよ、特にお気に入りはオリーブジェラートかなぁ(^o^)/
    2020年01月24日 11:57
  • ウィロー

    モノノフさん
    返事が遅れてすみません。
    なるほど、モノノフさんが訪れているということは正解のお店だったようですね。良かったです。
    オリーブジェラートは次に試してみることにします。
    2020年01月27日 10:47