フィリピン マニラ近郊にて ①職場の食事

 不定期の海外日記、今回はフィリピン。
 マニラ近郊(車で1時間ほど)の場所にある仕事場での話題です。
 全6回分くらいのボリュームがあるのですが、とりあえず3回で一区切りにしたいと思います。

 まず最初の1回は、職場(工場)の食事。
 本当は日本食もあるのですが、個人的に海外出張の折にはその場所の食べ物を食べることにしているので、基本的には現地の食事をしています。それはそれで楽しみの一つだと思いますので。

 DSC09775.jpg
 ということで、ある日の昼ご飯。
 殺風景なアルマイト皿は仕様だと思ってください。スープはかき玉汁のように見えまして、実際に卵は少し入ってトロミもあるのですが、かなりニンニクが効いていました。

 DSC09776.jpg
 こちらは多分、フィリピン風八宝菜「chopsuey(チョプスイ)」。
 ちなみに好きな料理を目の前で盛ってくるスタイルです。

 DSC09777.jpg
 肉料理は、豚肉とレバーの煮込み「menudo(メヌド)」。
 ソースはトマト&デミグラスの中間のような味で、なかなかご飯に合います。

 DSC00036.jpg
 これはまた別の日の昼ご飯。
 左下の野菜は、青菜(小松菜っぽい何か)とモヤシの炒め物で、右上はシニガンというフィリピン特産の酸っぱいスープ。

 DSC00038.jpg
 で、これは私の大好物。
 ビコール・エクスプレスという、辛い料理があまりないフィリピン料理の中で珍しく辛い、ココナッツカレーです。

 DSC00154.jpg
 (*注意:豚の丸焼きの写真です)
 これは何かの記念日だったのか、工場の食堂に美味しく焼けた豚さんが一匹。
 「lechon(レチョン)」という丸焼き料理です。

 DSC00155.jpg
 こんな感じに皮目をむしり、野菜を取り合わせて右下のタレにつけて食べます。
 皮はパリパリ、中はジューシー、ついでに脂分たっぷりという色々な意味でヘビーな料理です。

 DSC09863.jpg
 朝も工場で食べてます。朝昼はしっかり食べておくのが、海外での私のスタイル。

 DSC09865.jpg
 左側にあるのはオムレツ。中はタマネギやハムなど、なかなか具だくさん。

 DSC09864.jpg
 右にあるのは、トマト風味のソース? で煮込んだ魚でした。
 多分干してあるのだと思いますが、魚自体に塩味が付いていてこれまたご飯が進みます。
 (ご飯はフィリピン米なので、そのまま食べるのはちょっと。やはり何かと一緒に食べるのが正解です)

 DSC00026.jpg
 また別の日の朝ご飯。左上はシーチキンに野菜を入れて煮込んだような料理(けっこう美味しい)。

 DSC00146.jpg
 真ん中上はゴーヤの卵炒め、左上はハムです。
 職場ではこんな感じで、そして夜はどうするかというと。

 DSC09937.jpg
 夜はこんな感じで、麦ジュースを摂取。
 ちなみに周囲の好みはサンミゲール・ライトという軽めのビールなのですが、私は断然サンミゲール・ペールピルセンです。

   
 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 13:00 Comment(2)食べ物日記(海外)  

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント

  • モノノフ

    これはなかなか興味深いですねぇ、外国の社員食堂の定食なんて普段食べる機会は全く無いですもんねぇ♪
    2019年12月24日 14:53
  • ウィロー

    モノノフさん
    コメントありがとうございます。そう思ってもらえたなら何よりです。
    ちなみにお値段は1食50~100円くらい、まあお味はご愛敬というところです。
    2019年12月26日 13:37