ルピシア 京都寺町三条店(京都寺町) ルピシアの路面店は圧巻の品揃え

 「ルピシア 京都寺町三条店」さんの紹介です。
 紅茶やハーブティなど、世界各国のお茶を集める専門店であるルピシアさん。
 良くショッピングモールの中に入っているのを見かけますが、京都の寺町三条にはルピシアさんの路面店があります。
 そして、こちらの品揃えは圧巻の一言でした。

 DSC09730.jpg
 これがそのルピシアの路面店さん。店名の通り、寺町三条にあります。

 DSC09733.jpg
 店に入るとまず目に入ってきたのは、壁面を埋め尽くす茶箱。

 DSC09738.jpg
 店内。そして左側に目を向けると・・・

 DSC09732.jpg
 膨大な量の商品が陳列されていました。これはすごいの一言です。
 (丸っぽい容器一つ一つがお茶の商品です。同じものは二つありません)

 お茶の種類の一部を紹介します。まずは変わり種から。

 DSC09739.jpg

 DSC09740.jpg
 フレーバード麦茶というのは良くありますが、スイカ、杏、ライチなど見たことがないものもありました。

 DSC09741.jpg

 DSC09742.jpg
 麦茶と同じく、こちらもいわゆる「お茶っ葉」ではない広義のお茶です。
 キクイモ、モリンガ、タマネギの皮など初耳のお茶も取りそろえられていました。

 DSC09745.jpg
 南部鉄器の茶器も売っていました。

 DSC09746.jpg
 こちらは中国の工芸茶。
 ジャスミンなどが有名ですが、茶葉のかたまりをお湯に入れるとお湯の中でほぐれて花が咲く、目でも楽しめるお茶です。

 DSC09747.jpg
 新茶も売っていました。

 DSC09752.jpg
 ついつい調べてしまうのですが、店内でもっとも高級なお茶はこちら。
 中国広東省の烏龍茶「鳳凰単叢 樹齢100年」。
 その名前の通り、広東省の鳳凰山で産出される樹齢100年の茶の木のみから採れるお茶のことらしいです。
 30gで3,750円という素敵なお値段でした。

 DSC09753.jpg
 さすがにそんな高級茶に手を出そうとは思いませんが、もし贅沢するなら私はこれでしょうか。
 台湾の凍頂烏龍茶は香りも風味も絶品。オススメです。

 



 基本データ
 名称:ルピシア 京都寺町三条店
 住所:京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町530
 営業時間:午前10時~午後7時
 休業日:不定休
 電話:075-257-7318


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)観光・街歩き日記   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント