燕趙園(鳥取県) ①池畔にたたずむ本格的中国庭園

 鳥取県のほぼ中央にある湯梨浜町、はわい温泉や東郷温泉などがある東郷池の畔に位置する、本格的な中国庭園「燕趙園(えんちょうえん)」の紹介です。
 鳥取県と中国河北省の友好のシンボルとして建設され、敷地内には皇家園林(皇帝所有の庭園)方式の中国庭園がそのまま再現されています。
 訪れた日は残念ながら荒天明けの曇り、写真は全体的に暗めになっていますが、ご了承ください。

 IMG_5227.jpg
 少しわかりづらいですが、燕趙園には第一駐車場から第三駐車場まであり、今回は道の駅「燕趙園」の真横にある第一駐車場に車を停めました。

 IMG_5218.jpg
 第一駐車場から燕趙園へと向かうには、こちらの「金山嶺橋」という橋を渡ります。
 手前の壁(影壁)の奥にはエレベーターが設置されているので、ベビーカーなどでも大丈夫。

 DSC00314.jpg
 金山嶺橋の上から見た東郷池です。池の対岸にある建物辺りが、場所的にはわい温泉付近になると思います。
 石造りの欄干には中国らしい龍の姿などが刻まれており、期待が高まります。

 IMG_5229.jpg
 IMG_5231.jpg
 金山嶺橋を渡りきると広くひらけた広場にでました。
 中央付近にある瑠璃瓦を葺いた門が、「燕趙園」の出入口にあたる第1景「燕趙門(えんちょうもん)」です。
 チケットはこちらの門にあるチケットブースで販売されています。

 IMG_5234.jpg
 IMG_5233.jpg
 燕趙門の前には、一対のシーサーが門を守るように座していました。
 上の写真、玉を踏んでいるシーサーが雄で、下の写真、子シーサーを踏んでいるのが雌のシーサーです。

 IMG_5235.jpg
 入口でチケットを渡して中に入ると、目の前にあるのが第2景「影壁(えいへき)」です。
 影壁とは中国建築の様式のひとつで、目隠しとしての役割や魔除けとしての役割があるそうです。

 IMG_5409.jpg
 壁の後ろは何やら建物のようなものが彫られていました。「老龍頭」と刻まれています。
 「老龍頭」は万里の長城の一部を構成する要塞「山海関」の一部で、2009年までは万里の長城の東端にあたるとされていました。城壁が海岸から突き出た景観が見事な場所です。

 DSC00325.jpg
 影壁の奥にあるのが第3景「華夏堂(かかどう)」、燕趙園の中心となる建物です。

 IMG_5256.jpg
 入口の左右には、緑と黄色を使った陶器のシーサーが飾られていました。

 IMG_5257.jpg
 IMG_5261.jpg
 華夏堂の中には、五穀豊穣を祈る雨乞い神事「龍踊(じゃおどり)」に使われる龍や、見事な「九龍壁」がありました。
 「九龍壁」は富と権力の象徴として、中国の宮廷の出入口に作られたものだとか。通常、大理石に彫刻することが多いそうですが、こちらは高価な「紅木」に彫られています。

 IMG_5259.jpg
 さらには銅鑼もありました。こちらの銅鑼は誰でも鳴らすことができます。
 中国では大きな音を立てることで邪気をはらい、天上の神さまに自分の存在をアピールして恵みを賜りたいという願いがこめられているそうです。
 思いっきり鳴らしていいそうなので、力いっぱい叩いてみるのもいいですね。

 IMG_5236.jpg
 燕趙門から入って右手にあるのが、第5景「東配殿」です。

 IMG_5240.jpg
 IMG_5239.jpg
 東配殿の中には、始皇帝をはじめとした中国歴代皇帝の肖像画や、古代中国四大美女のタペストリーがありました。
 他にも、燕趙園が作られた経緯や作られる過程、そして見どころなどのパネル展示もあります。なかなか興味深いものがありました。

 IMG_5264.jpg
 IMG_5335.jpg
 IMG_5274.jpg
 ちなみに、燕趙園のいたるところで見ることができる彩画は、すべて中国人彩画師の手により描かれているそうです。

 最後に、次回から紹介する燕趙園の全景を紹介します。
 ぜひ大きな画像でご覧ください。
 DSC00330-1.jpg
 第3景「華夏堂」を通り抜けた先にある風景、池は第15景「天湖」です。


 基本データ
 名称:燕趙園
 住所:鳥取県東伯郡湯梨浜町引地565-1
 営業時間:
   午前9時~午後5時(最終入園午後4時半)
 休園日:1月・2月の第4火曜日
     (祝日の場合は翌日)
 入場料:大人500円/小中学生200円 
 電話:0858-32-2180

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)テーマパーク日記   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント