ふらっとFUSHIMI ①伏見は伏水。十石舟と伏水酒蔵小路

 京都市伏見区と言うと、実はかなり広いエリアを指します(東側は滋賀県との境に接しています)。
 今回紹介するのはその中心部。伏見と言えば誰もが思いつく日本酒、その酒蔵が立ち並ぶ周囲をふらっと散歩してきましたので、その時の内容を紹介します。
 なお、タイトルで分かります通り私は「孤独のグルメ」のファンです。

 DSC08174.jpg

 DSC08119.jpg
 伏見は水の町。昔より水運の拠点として栄えていて、かつては伏見~大阪間を多くの舟が行き来していたとのことです。
 この川の名前は濠川。宇治川の疎水にあたる川です。

 DSC08176.jpg
 その舟がこちらの十石舟。もう少し大きな三十石舟もあります。
 今は物流には使われておらず、代わりに柳並木に酒蔵が建ち並ぶ風情ある町並みを川から眺める観光舟となっています。
 十石舟については以前も当ブログで取り上げていますので、よければご覧下さい。

 リンク→「伏見十石舟 水面を吹き抜ける風を感じながら新緑を愉しむ」

 DSC08120.jpg
 さすが酒の町、伏見。米やお酒を扱う店先で、大吟醸の量り売りなどもやっていました。

 DSC08123.jpg
 話はそれますが、この形のパーキングは久しぶりに見た気がします。

 DSC08124.jpg
 さて、大手筋の商店街入り口。
 この向こう側には街歩きに最適な、色々なお店が並んでいます。とても全ては紹介しきれませんので、一部を紹介したいと思います。

 DSC08126.jpg

 DSC08128.jpg
 まずは入り口近くにあった「きらく」さん。
 お蕎麦やうどん、丼、定食などのお店で、気軽に食べられるお値段の様子。評判もまずまず良さそうです。

 DSC08129.jpg
 こちらは「伏水酒蔵小路」。
 「伏見の日本酒とうまいもんの饗宴」と題し、十八の蔵元のお酒が飲めて食事ができる大人のフードコート。ある店にいながらにして別の店の料理をオーダーできる「出前システム」もユニークです。
 また、店内にはお酒と食べ物だけではなくイベントスペースもあり、月1回か2回ほど、蔵元のフェアがあったりライブがあったりするそうです。

 DSC08130.jpg
 蔵元の一部。「伏見の伏水、灘の宮水」と言われ、並び称される名水の湧き出る場所。
 柔らかな伏水で醸したお酒もまた柔らかく、「伏見の女酒」と言われているとのこと。

 DSC08131.jpg

 DSC08132.jpg
 お食事メニューの一部です。
 写真2枚目の左側にある「粋酔」は、18種類の日本酒の飲み比べ。
 観光ガイドや雑誌にも多く取り上げられる、伏水酒蔵小路の名物と言えるでしょう。

 DSC08134.jpg
 かと思えば、こんなレトロなパン屋さんもありました。

 DSC08135.jpg

 DSC08136.jpg
 店構えと同様、品揃えも正しく古いパン屋さんでした。
 「高級サンド」などは素晴らしい名前。お腹が減っていれば、思わず一つ手に取ってみたかったです。


 基本データ
 名称:大手筋商店街
 住所:京都市伏見町西大手町・東大手町付近
 営業時間:店による


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(4)観光・街歩き日記   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント

  • モノノフ

    伏見には私のお気に入りの酒が有ります、増田徳兵衛商店の月の桂と言う酒です♪
    月の桂はいわゆる濁り酒でアルコール度数もかなり高めなので、あまり一度にたくさんは飲めず私は2合が関の山です(^_^;)
    2019年11月08日 15:55
  • ウィロー

    モノノフさん
    これはまた気が合うことで。私も大好きなお酒の一つです<月の桂 微八発泡のにごり酒
    微発泡なのに辛口というのは素晴らしいお酒です。そういえば原酒の「琥珀光」というのも好きだったのですが、まだあるのでしょうか。
    2019年11月08日 16:16
  • モノノフ

    いやその原酒を私は知らないんですよ、そもそも月の桂を知ったのは私の隠れ家居酒屋の赤兎馬さんの一番人気の酒だから。
    おっとタイトルも私のお気に入りの孤独のグルメでしたか、フラッと久住でしたね。
    2019年11月08日 16:33
  • ウィロー

    モノノフさん
    なるほど、そうでしたか。原酒はさらにアルコール度が高いのですが、どっしりとした上質な味わいでした。
    「ふらっと~」のネタに気付いていただいてありがとうございます。その通りです。
    2019年11月09日 17:40