伏見十石舟 水面を吹き抜ける風を感じながら新緑を愉しむ

 京都には、有名な「保津川下り」や以前紹介したことのある「岡崎さくら・わかば回廊 十石舟めぐり」などがありますが、今回紹介する「伏見十石舟」もそんな遊覧船のひとつです。
 運営されているのは、NPO法人「伏見観光協会」さん。
 毎年3月末~12月上旬まで運行していて、特に桜の季節は人気が高い観光スポットになっています。

 IMG_4942.jpg
 「伏見十石舟」の乗場入口です。
 場所は「月桂冠大倉記念館」からさらに南に下った場所にあります。はす向かいには、一度訪れてみたいと思いつつ、なかなか機会に恵まれないでいる和食のお店「吉招庵」さんもあります。

 IMG_4938.jpg
 少しばかり急な階段を降りると、目の前には舟が係留されていました。

 IMG_4939.jpg
 受付・支払いは、右手にある小屋のような建物で行います。
 電話での予約もできますので、不安な方はあらかじめ予約しておくのもよいでしょう。桜の季節は、おそらく予約必須だと思います。
 ただし、予約した場合は乗船日の7日前からはキャンセル料がかかりますので、ご注意ください。

 IMG_4936.jpg
 集合時間は、出航の15分前です。

 IMG_4933.jpg
 受付の横にスタッフの休憩所があり、さらにその奥には待合所があるので、多少早く着いても座って待つことができます。

 IMG_4945.jpg
 待合所には、桜の季節に写した十石舟の写真が展示してありました。
 やはり桜の季節は水面に桜が映えて美しいのひとこと。次回はぜひ桜が満開になった頃に来てみたいものです。

 IMG_4947.jpg
 それでは舟に乗船します。
 スタッフの方の指示に従い、左右にわかれて座ることになります。
 舟の進行方向には伏見のことをいろいろと話してくれるスタッフが1名、後方には操舵を担当するスタッフが1名、合わせてスタッフ2名+乗客での運行です。
 右手に「月桂冠大倉記念館」の裏側を見ながら、出発してすぐに舟は左手に90度回転しました。
 ゆっくりとしたスピードですが、吹き抜ける風が心地よく感じられます。

 IMG_4949.jpg
 ひとつめの橋の右手に寺田屋がありますが、舟からは見ることはできません。
 坂本龍馬が滞在した時代のものではなく建て替えられたものにはなりますが、興味がある方は下船後にでも行ってみましょう。

 IMG_4976.jpg
 ひとつめの橋とふたつめの橋の間、左手にある「伏見みなと公園」には、「龍馬とお龍、愛の旅路 像」を見ることができます。
 この像のすぐ近くには、年間20日ほどしか運行されない「伏見三十石舟」の乗船場があります。

 IMG_4975.jpg
 ふたつめの橋を抜けた後、振り返って撮った1枚。青空だったら良かったのですが、それでも水路と緑のコントラストは美しいものです。

 IMG_4973.jpg
 しばらく進むと、濠川(ごうがわ、ほりかわ)と合流しました。
 濠川との合流地点の岸辺には、舟から見ても大きな石碑が建っています。この石碑は、京都と大阪間の便を発展させるために京都二条と伏見を結ぶ高瀬川運河の開削を行った、角倉了以(すみのくらりょうい)の功績を称えるものです。
 石碑を右手に見ながら、舟はさらに向きを変えて南へと進みます。

 IMG_4953.jpg
 舟がスピードを落としたと思ったら、目の前にふたつ並んだ赤い水門が見えてきました。
 水位差のある宇治川と濠川の間で船を行き来させた「三栖閘門(みすこうもん)」です。

 IMG_4955.jpg
 この場所が十石舟の折り返し地点、いったん下船して資料館を見学します。出航までの時間は10分ほどです。
 資料館にはボランティアガイドさんがいらっしゃるということですが、あいにく訪れた日はお休みされていました。
 というわけで、資料館の中を好きに拝見することにします。

 IMG_4960.jpg
 資料館の中にあった、三栖閘門の模型です。
 三栖閘門は、伏見港と宇治川を結ぶ施設として昭和4年(1929年)に作られました。現在は交通路としては使用されていません。
 2つのゲートで閘室内の水位を調整し、水位の違う濠川と宇治川を連続させて船を通す施設で、パナマ運河がこれと同じ仕組みを使っています。

 IMG_4965.jpg
 その他にも三十石舟の小さな模型や、伏見の歴史のパネル展示など、興味深く見学することができました。

 IMG_4980.jpg
 帰りは音声ガイドを聞きながら、再びのんびりと舟に揺られます。
 下船は乗船した場所と同じところ、所用時間は50分ほどでした。

 IMG_4946.jpg
 こちらが乗船券です。
 近くにある「伏見夢百衆」というカフェ併設のお土産物屋さんで喫茶利用時に使える10%OFF券がついていますので、ひと休みしたい方は訪れてみてはいかがでしょうか。


 基本データ
 名称:伏見十石舟
 乗船場:京都市伏見区南兵町247
 運航期間(2019年):12/8(日)まで
 運休日(2019年)
  :月曜日(祝日除く・10月11月無休)
   8/17(土)~8/31(土)
 出航時間(2019年)
  10時・13時・14時・15時
         :00分、20分、40分
  11時・16時:00分、20分
   ※11/25~12/8は15時40分が最終
 乗船料金:中学生以上1,200円
      小学生以下600円
 所要時間:約50分
 電話:075-623-1030

この記事へのコメント