熊野川温泉さつき(新宮市) ①緑に囲まれた日帰り温泉

 「熊野川温泉さつき」さんの紹介です。
 こちらは熊野本宮から熊野速玉神社に向かう国道168号から少し入ったところにある温泉。
 和歌山県と三重県の県境も近いですが、和歌山県側にあります。

 RIMG0312.jpg
 こちらは2011年の台風被害を受けてしばらく休業されていましたが、2014年に営業を再開しています。
 外観の写真は撮り忘れてしまいましたが、かなり立派な建物でした。
 ちなみに駐車場も約50台とたっぷり。

 RIMG0313.jpg
 以前は宿泊施設もあったようですが、営業再開後は立ち寄り湯と食堂、お土産売り場となっています。
 入浴料が500円と手ごろなこともあってか、地元の方も多く訪れているようでした。

 RIMG0331.jpg

 RIMG0330.jpg
 脱衣場も広々。
 アメニティはそれほどありませんが、ゆったりとしたつくりになっています。

 RIMG0332.jpg
 源泉名:熊野川温泉
 泉質:弱アルカリ性単純泉
 源泉温度:26.3℃
 pH:8.3(9.0?)
 成分総計:0.43g/L
 お湯の印象:無色透明無臭、少し滑らかな浴感

 RIMG0327.jpg
 お湯の使い方
 加温:有り
 循環:有り(かけ流し併用)
 消毒:有り(消毒臭は弱め)

 DSCF7387.jpg
 ちょっとブレてしまいました。
 こちらの浴室は内湯と外湯。内湯は木をふんだんに使った暖かな印象を受ける浴室です。
 主浴槽が一つとサウナがありました。

 DSCF7382.jpg
 一方、こちらは露天風呂。

 DSCF7375.jpg
 自然に囲まれた場所にある温泉ですが、立地的に周囲からかなり丸見えのため、柵は高めに作られていました。
 それでも頭上が広く開いているので、開放感はあります。

 DSCF7374.jpg
 温泉分析書によれば源泉はわずかに硫黄臭がするそうですが、加温のために飛んでしまっていました。
 あまり特徴のあるお湯ではありませんが、旅の途中に疲れをとるには良い場所にあり、このあたりにはほかに温泉もあまりありませんので貴重な施設だと思います。

 DSCF7380.jpg
 露天には寝湯もありました。

 DSCF7376.jpg
 水中写真。ほぼ完全に澄み切ったお湯です。
 次回はこちらで食べた昼食を紹介します。


 基本データ
 名称:熊野川温泉さつき
 住所:和歌山県新宮市熊野川町日足707
 営業時間:午前11時~午後9時
 入浴料:大人500円、小人250円
 休業日:月曜日(祝日の場合は翌日)
 電話:0735-44-0193


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(2)湯煙日記(和歌山)  

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント

  • モノノフ

    確か2年くらい前でしたかこちらの浴場である事件が起きました、浴場に備え付けられたシャンプーやボディーソープを何物かがぶちまけて、シャワーで泡立てて浴場内や浴槽を大量の泡で使い物にならなくしてしまったのです!
    施設内の防犯カメラなどから犯人の車のナンバーが特定され、三重県在住の左官職人の若者の二人組の仕業と判明しました。
    もちろん犯人は逮捕されましたが、威力業務妨害くらいでは大した罰は受けません。
    紀伊半島豪雨の際に被災して、その後は復興支援基地として機能しやっとの事で温泉だけでも再開出来たのに、知能の低い痴れ者のせいで酷い目に遭ったのです!
    2019年07月12日 13:25
  • ウィロー

    モノノフさん
    直接ではないですが、そういう話は聞きました。
    そういう場合、刑事事件では大した罪になりませんから、日本でも民事で訴えればいいのですけどね。1日の間使い物にならなくしたら、下手をすると100万円に近い賠償となるでしょうし。
    2019年07月13日 17:29